日本三大桜の開花予想は…気象協会が発表 | レスポンス(Response.jp)

日本三大桜の開花予想は…気象協会が発表

エンターテインメント 話題

日本気象協会は、日本全国48地点の桜(ソメイヨシノ)の開花予想を発表した。

2016年の桜(ソメイヨシノ)は、九州が平年より遅い開花となる見通し。四国・中国・近畿・東海・関東・北陸地方は、ほぼ平年並みの見込み。東北地方は平年並みか平年より早く、北海道では平年並みの見込み。

桜前線は3月25日頃に福岡、高知、名古屋、東京(千代田区)から一斉にスタートし、3月末には関東以西のほとんどのエリアに到達する見込み。その後も順調に北上し、4月上旬には北陸・東北南部で開花すると予想。桜前線が津軽海峡を渡るのは、4月末になる見込み。

同協会では、桜の開花予想が実施10年目となる今年は初の取り組みとして、「日本三大桜」と呼ばれている福島県の「三春滝桜」(ベニシダレザクラ)、山梨県の「山高神代桜」(エドヒガンザクラ)、岐阜県の「根尾谷 淡墨桜」(エドヒガンザクラ)の開花予想も発表した。

予想開花日は「三春滝桜」が4月13日ごろ、「山高神代桜」が3月30日ごろ、「根尾谷 淡墨桜」が3月31日ごろ。

日本三大桜の開花予想では、地元自治体やお寺の住職の同意を得て、過去の長年にわたる開花日や満開日の観測データを使い、それぞれの桜の開花日や満開日に関する独自の予測式を作成した。開花時期には、日本気象協会の気象予測を用い、地元自治体やお寺の住職の協力も得ながら、精度の良い開花予測を提供していく。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品