メルセデスベンツ AMG G 63…堅牢なボディに上質な室内空間を合わせる[写真蔵]

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
メルセデスベンツ『Gクラス』は、1979年の誕生以降基本的なスタイリングと堅牢なボディはそのままに、常に最適なパワートレインと装備を加えながら進化を続けてきた。

『AMG G 63』は、メルセデスAMGの最新技術を投入した5.5リットルV型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載。AMGスピードシフトプラスを合わせる。最高出力571ps、最大トルク77.5kgmを発揮。

サスペンションには、電子制御式油圧アダプティブダンピングシステムを搭載。「コンフォート」「スポーツ」の2モードを用意し、走行状況に応じ減衰特性を調整し、俊敏性と快適性を高いレベルで両立する。

エクステリアは、2本の薄板と4本のクローム製のインサートをあしらったラジエターグリルが特徴的であり、大型のエアーインテークを搭載したバンパーが力強さを表現している。さらに、専用設計の20インチアルミホイールと赤いブレーキキャリパーがスポーティな印象を与える。

インテリアは、前後席にシートヒーターを装備。本革と「designo」(デジーノ)ピアノラッカーウッドコンビネーションのステアリングやステンレスアクセル、ブレーキペダル、AMGロゴがあしらわれたシフトレバーが高級感を演出する。さらに、シートと同色のレザーがあしらわれたドアパネルやステッチ入りのレザーダッシュボードや、ルーフに施されたアルカンターラが無骨で強靭な外装とは対照的で、温かみのある印象を与える。

ボディサイズは、全長4575×全幅1860×全高1950mm、ホイールベース2850mm。
《徳田龍磨》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

    トミカ、初の充電式自動走行モデルを発売

  2. 三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

    三菱自 池谷副社長、「7月の軽自動車受注は前年の2倍近くに」

  3. スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

    スズキ、インドの小型商用車セグメントに初参入…スーパーキャリイ を発売

  4. アルパイン、最終赤字20億円…通期も下方修正 第1四半期決算

  5. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】Amazonと協力してレンタルキャンペーン

  6. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  7. 日産車体、減収減益…輸出向け車両の受注減少で 第1四半期決算

  8. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  9. BMWの世界販売、メルセデスとアウディを抑える 6月

  10. 日産自動車、4年ぶりの減益…売上台数増も円高で 第1四半期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら