メルセデスベンツ AMG G 63…堅牢なボディに上質な室内空間を合わせる[写真蔵]

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
メルセデスベンツ『Gクラス』は、1979年の誕生以降基本的なスタイリングと堅牢なボディはそのままに、常に最適なパワートレインと装備を加えながら進化を続けてきた。

『AMG G 63』は、メルセデスAMGの最新技術を投入した5.5リットルV型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載。AMGスピードシフトプラスを合わせる。最高出力571ps、最大トルク77.5kgmを発揮。

サスペンションには、電子制御式油圧アダプティブダンピングシステムを搭載。「コンフォート」「スポーツ」の2モードを用意し、走行状況に応じ減衰特性を調整し、俊敏性と快適性を高いレベルで両立する。

エクステリアは、2本の薄板と4本のクローム製のインサートをあしらったラジエターグリルが特徴的であり、大型のエアーインテークを搭載したバンパーが力強さを表現している。さらに、専用設計の20インチアルミホイールと赤いブレーキキャリパーがスポーティな印象を与える。

インテリアは、前後席にシートヒーターを装備。本革と「designo」(デジーノ)ピアノラッカーウッドコンビネーションのステアリングやステンレスアクセル、ブレーキペダル、AMGロゴがあしらわれたシフトレバーが高級感を演出する。さらに、シートと同色のレザーがあしらわれたドアパネルやステッチ入りのレザーダッシュボードや、ルーフに施されたアルカンターラが無骨で強靭な外装とは対照的で、温かみのある印象を与える。

ボディサイズは、全長4575×全幅1860×全高1950mm、ホイールベース2850mm。
《徳田龍磨》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

    ヤマト運輸、問い合わせにAIが自動で対応…LINE公式アカウントに機能追加

  2. 撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

    撤退が決定したフォードディーラーの今…フォード神奈川港北ニュータウン店を訪ねる

  3. 富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

    富士重、「SUBARU」への社名変更を株主総会で決議

  4. 【川崎大輔の流通大陸】「メイドインジャパンは必要ない」タイで生きる日系ブランド

  5. キャンピングカーの売上、過去最高の357億円…2015年 日本RV協会調べ

  6. タカタ製エアバッグが異常破裂か、ホンダ車で新たな死者…マレーシア

  7. タントや京阪電車、信号機…さまざまな工業デザインの世界を紹介するイベントが開催

  8. 日産、韓国環境省を提訴…行政処分取り消し求める

  9. JVCケンウッド、「i-ADAS事業統括部」を新設…自動車分野のソリューションビジネスを強化

  10. ゼロスポーツ、シングルメーターフードの追加ラインアップを発売

アクセスランキングをもっと見る