メルセデスベンツ AMG G 63…堅牢なボディに上質な室内空間を合わせる[写真蔵]

自動車 ビジネス 国内マーケット

メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
  • メルセデスベンツ AMG G 63
メルセデスベンツ『Gクラス』は、1979年の誕生以降基本的なスタイリングと堅牢なボディはそのままに、常に最適なパワートレインと装備を加えながら進化を続けてきた。

『AMG G 63』は、メルセデスAMGの最新技術を投入した5.5リットルV型8気筒直噴ツインターボエンジンを搭載。AMGスピードシフトプラスを合わせる。最高出力571ps、最大トルク77.5kgmを発揮。

サスペンションには、電子制御式油圧アダプティブダンピングシステムを搭載。「コンフォート」「スポーツ」の2モードを用意し、走行状況に応じ減衰特性を調整し、俊敏性と快適性を高いレベルで両立する。

エクステリアは、2本の薄板と4本のクローム製のインサートをあしらったラジエターグリルが特徴的であり、大型のエアーインテークを搭載したバンパーが力強さを表現している。さらに、専用設計の20インチアルミホイールと赤いブレーキキャリパーがスポーティな印象を与える。

インテリアは、前後席にシートヒーターを装備。本革と「designo」(デジーノ)ピアノラッカーウッドコンビネーションのステアリングやステンレスアクセル、ブレーキペダル、AMGロゴがあしらわれたシフトレバーが高級感を演出する。さらに、シートと同色のレザーがあしらわれたドアパネルやステッチ入りのレザーダッシュボードや、ルーフに施されたアルカンターラが無骨で強靭な外装とは対照的で、温かみのある印象を与える。

ボディサイズは、全長4575×全幅1860×全高1950mm、ホイールベース2850mm。
《徳田龍磨》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  2. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

    スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  4. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  5. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  6. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  7. 【インタビュー】メルセデスベンツの悩みが純正サウンドチューンパックを生み出した

  8. 東洋ゴム、経営再建を託された駒口会長が一身上の都合で退任

  9. 【人とくるまのテクノロジー16】スバル、スズキ、いすゞ、日野…自動車メーカーのココ見て![フォトレポート]

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】市光工業の標準LEDユニット、自動車技術会賞を受賞

アクセスランキングをもっと見る