炎上中のトラックに後続車が追突

自動車 社会 社会

3日午前8時30分ごろ、大分県佐伯市内の市道で、車両火災を起こして立ち往生していた大型トラックに対し、後ろから進行してきた乗用車が追突する事故が起きた。この事故で乗用車の運転者が重傷を負っている。

大分県警・佐伯署によると、現場は佐伯市本匠因尾付近で片側1車線の緩やかなカーブ。大型トラックは走行中にエンジンあたりから出火。荷台に積んでいた木材へ延焼したため、カーブを抜けた先の直線区間で停車したところ、後ろから進行してきた乗用車が避けきれないまま追突した。

追突によって乗用車は中破。運転していた40歳代の女性は腰部骨折などの重傷。トラックを運転していた52歳の男性は車外に脱出していたため、ケガはなかった。トラックの火災は地元消防が消火作業を行ったが、運転席部分が焼損している。

警察では事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

    熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  2. 伊勢志摩サミット開催、伊勢自動車道および紀勢自動車道の一部区間で通行止め

    伊勢志摩サミット開催、伊勢自動車道および紀勢自動車道の一部区間で通行止め

  3. 崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

    崩壊した阿蘇大橋の迂回路が開通…大津町役場=南阿蘇村役場間が20分短縮

  4. 山間部の見通しが悪い交差点で右折車と衝突、バイク運転者が死亡

  5. 駐車場から進出のクルマ、直進車と衝突して運転者か死亡

  6. 飲酒運転で女性高校生ひき逃げ、運転の女に懲役刑求める

  7. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  8. 特別仕様のナンバープレート始まる、東京オリンピック・パラリンピックとラグビーワールドカップで

  9. 地震活動1000回以上、年間発生回数を半月で...熊本地震

  10. 伊勢志摩サミット警備支援の警官、非番日にはねられ死亡

アクセスランキングをもっと見る