皆既日食を太陽光発電の電力だけで生中継…パナソニック

宇宙 エンタメ・イベント

2012年の皆既日食ライブ中継のようす
  • 2012年の皆既日食ライブ中継のようす
  • 皆既日食ライブ中継機材
  • パワーサプライコンテナ
  • 2016年3月9日 各地でのライブ中継タイムスケジュール
 3月9日の朝、インドネシアのスマトラ、ボルネオ、スラウェシでは皆既日食を観測することができる。パナソニックはインドネシア東部のテルナテ島から、太陽光発電の電力だけを使って皆既日食を全世界にライブ中継する。

 皆既日食の生中継に用いられる太陽光独立電源パッケージ「パワーサプライコンテナ」は、屋根にパナソニック社製の太陽電池モジュールHITを搭載。高効率に発電された電力をコンテナ内部の蓄電池に充電する。モバイルPC、撮影・編集機材、インターネット接続機器、そのほかの補助的な技術に必要な電源も、太陽エネルギーによって賄う。

 パナソニックの日食ライブ中継は今回で3回目。「パワーサプライコンテナ」の活用によって、これまでの2回に比べて太陽電池モジュールの現場設置の手間と時間を削減することに成功した。

 皆既日食のライブ中継は3月9日の午前5時(テルナテ島時間。日本時間に同じ。協定世界時:3月8日午後8時)から、Ustream、YouTube Live、Periscopeで中継する。

 今回のプロジェクトに先立ち、パナソニックはインドネシア各地でも「パワーサプライコンテナ」を展開。2014年7月にカリムンジャワ第一国立小学校、2015年7月には西部ジャワ州の小学校に導入し、離島の教育・学習環境の改善のほか、給水環境の改善にも活用されている。

◆3月9日ライブ中継タイムスケジュール(テルナテ島時間=日本時間)
中継開始:5:00(予定)
部分食開始:8:36
皆既食開始:9:50
皆既食最大時:9:53
皆既食終了:9:56
部分食終了:11:20
中継終了:12:00(予定)

◆予告動画

パナソニック、太陽光発電の電力だけで皆既日食を生中継3/9

《外岡紘代》

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. 火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

    火星と地球の距離が7528万km、11年ぶりに最接近…5月31日

  2. JAXA、ホンモノ体験プログラム「名古屋スペースキャンプ」を開催…参加者を募集

    JAXA、ホンモノ体験プログラム「名古屋スペースキャンプ」を開催…参加者を募集

  3. ウェザーニューズ、独自衛星「WNISAT-1R」打ち上げへ…北極海航路を支援

    ウェザーニューズ、独自衛星「WNISAT-1R」打ち上げへ…北極海航路を支援

  4. JAXA、「はやぶさ2」のミッションロゴを青系統に変更…スイングバイ成功を機に

  5. アリアンスペース、2016年にスカパーJSAT通信衛星を打ち上げ

  6. アルマ望遠鏡、地球に似た軌道を持つ惑星の誕生現場を初観測…若い星の付近で

  7. 金星探査機「あかつき」、金星雲の微細な凹凸の可視化に成功

  8. 金星探査機「あかつき」に搭載の観測器が定常観測に移行…金星の観測を開始

  9. 米国の高校生・大学生が開発した超小型人工衛星、「ミノタウロスI」ロケットで宇宙へ

  10. JAXA、「1日宇宙記者」を募集…X線天文衛星「ASTRO-H」打ち上げを現地取材

アクセスランキングをもっと見る