マツダ、販売系列を一本化…全店で全車種取り扱い開始

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ ロードスター 新型
マツダは2月26日、マツダオートザム販売店ですべてのマツダ車の取り扱いを2016年4月より開始することを発表した。

同時に、これまでマツダオートザムが担ってきたマツダオートザム販売会社に対するディストリビューター機能の一部を、全国のマツダ販売会社およびマツダアンフィニ販売会社に移管し、商物流を一本化する新たな枠組みを導入する。

具体的には、マツダオートザム販売店の取り扱い車種に『アテンザ』『ロードスター』『タイタン』『ファミリアバン』の4車種を追加。これにより、マツダ販売店およびマツダアンフィニ販売店を含む全国の販売系列全店で、すべてのマツダ車を取り扱う体制が整い、国内の販売系列は実質ひとつとなる。

マツダでは、全社でマツダのブランド価値向上に向けた取り組みを加速。国内営業領域では、「マツダ営業方式」の導入や「新世代店舗」の展開など、顧客との「つながり」に重点を置いた活動に、全国の販売会社とともに取り組んでいる。今回の国内販売体制の強化は、その一環として、顧客の利便性向上とマツダらしいブランド体験を提供することを目指して実施するものとなる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 日本グッドイヤー、ベクター 4シーズンズを日本製に切り替え品揃えも倍増

    日本グッドイヤー、ベクター 4シーズンズを日本製に切り替え品揃えも倍増

  2. FCA、全世界で40万台リコール…配線に不具合

    FCA、全世界で40万台リコール…配線に不具合

  3. ジャガー・ランドローバー、クラシックカー部門の本部を新設…英国

    ジャガー・ランドローバー、クラシックカー部門の本部を新設…英国

  4. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

  5. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  6. 道路内部と路面を同時に計測---三井造船とトノックスが開発へ

  7. 長安マツダ中国販売19%増、CX-5 と アクセラ 好調 上半期

  8. 自動車保険は代理店選びがポイント…自動車整備工場で保険に入るメリット

  9. 【インバウンドジャパン16】東京ハイヤー・タクシー協会、スマホ配車アプリで訪日外国人の取り込みも狙う

  10. JSR、原材料価格下落の影響などで減収減益 2016年4-6月期決算

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら