マツダ、販売系列を一本化…全店で全車種取り扱い開始 | レスポンス(Response.jp)

マツダ、販売系列を一本化…全店で全車種取り扱い開始

自動車 ビジネス 国内マーケット

マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ アテンザ 改良新型
  • マツダ ロードスター 新型
マツダは2月26日、マツダオートザム販売店ですべてのマツダ車の取り扱いを2016年4月より開始することを発表した。

同時に、これまでマツダオートザムが担ってきたマツダオートザム販売会社に対するディストリビューター機能の一部を、全国のマツダ販売会社およびマツダアンフィニ販売会社に移管し、商物流を一本化する新たな枠組みを導入する。

具体的には、マツダオートザム販売店の取り扱い車種に『アテンザ』『ロードスター』『タイタン』『ファミリアバン』の4車種を追加。これにより、マツダ販売店およびマツダアンフィニ販売店を含む全国の販売系列全店で、すべてのマツダ車を取り扱う体制が整い、国内の販売系列は実質ひとつとなる。

マツダでは、全社でマツダのブランド価値向上に向けた取り組みを加速。国内営業領域では、「マツダ営業方式」の導入や「新世代店舗」の展開など、顧客との「つながり」に重点を置いた活動に、全国の販売会社とともに取り組んでいる。今回の国内販売体制の強化は、その一環として、顧客の利便性向上とマツダらしいブランド体験を提供することを目指して実施するものとなる。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品