【スバル レガシィB4 試乗】上乗せされた上質感…島崎七生人

試乗記 国産車

スバル レガシィB4 Limited
  • スバル レガシィB4 Limited
  • スバル レガシィB4 Limited
  • スバル レガシィB4 Limited
  • スバル レガシィB4 Limited
  • スバル レガシィB4 Limited
  • スバル レガシィB4 Limited
  • スバル レガシィB4 Limited
  • スバル レガシィB4 Limited
登場後1年でいつもの年次改良が入った最新の『レガシィB4』。短時間の試乗ながら、その違い、効果は実感できるレベルになっていた。

簡潔に言うと「乗り味の上質感がより上乗せされた」のである。試乗車はリミテッドで、もともとキメ細かな作動で上等な乗り味を確保してくれる“スタブレックス・ライド”が標準。この仕様の乗り味のよさはデビュー時もの確認済み。が、その印象が、明らかに1ランク上がっていたのだった。クルマの動き全体がよりゆったりと自然になり、磨きがかかり、クラスに見合った振る舞いになっている。

同時にステアリングフィールも、切っていく際のなめらかさが増したのを感じた。18インチタイヤのマッチングも問題はない。

2.5リットル水平対向エンジンとアダプティブ制御が入るCVTの組み合わせでの走りは、相変わらずの余裕。絶対性能より、通常走行時にストレスなくクルマを走らせる設定なのがクルマに見合っている。

“アドバンスドセーフティパッケージ”の標準化で、後側方警戒支援機能など、より手厚い支援が得られるようになったのも心強い。アイサイトは当然ながら最新の“ver.3”を搭載。明るいベージュ内装も選べるようになった。後席を中心に寛げる室内空間も魅力。トガり過ぎていない、けれど街中でも「おや!?」と目をひく上品なスタイルは相変わらず。いいセダンを探しているのだが……と人から相談された時、安心して勧められる貴重な国産セダンだ。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★★
インテリア/居住性:★★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★★

島崎七生人|AJAJ会員/モータージャーナリスト
1958年・東京生まれ。大学卒業後、編集制作会社に9年余勤務。雑誌・単行本の編集/執筆/撮影を経験後、1991年よりフリーランスとして活動を開始。以来自動車専門誌ほか、ウェブなどで執筆活動を展開、現在に至る。 便宜上ジャーナリストを名乗るも、一般ユーザーの視点でクルマと接し、レポートするスタンスをとっている。
《島崎七生人》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品