ハイブリッド街路灯が横浜市に設置…クリーンエネルギーで防災電源にも

自動車 社会 社会

設置されたハイブリッド街路灯。風力発電と太陽光発電というクリーンエネルギーのハイブリッド発電システムと、緊急時の電源として活用できる点が特徴(画像はプレスリリースより)
  • 設置されたハイブリッド街路灯。風力発電と太陽光発電というクリーンエネルギーのハイブリッド発電システムと、緊急時の電源として活用できる点が特徴(画像はプレスリリースより)
  • 暫定歩行者通路の供用開始に合わせ、3月1日に点灯式が新高島駅前歩道の4番臨港パーク口付近で開催される。街路灯の仕組み説明や横浜市消防音楽隊の演奏も予定(画像はプレスリリースより)
 スリープログループは24日、子会社であるスリープロが、みなとみらい21地区53街区暫定歩行者通路へのハイブリッド街路灯の設置工事を実施したことを発表した。

 同事業は横浜市が進める「環境未来都市」の取り組みの一環。「環境未来都市」とは、環境問題や超高齢化への対応など人類共通の課題に対応し、持続可能な経済社会システムを実現する都市づくりを目指すという政府のプロジェクトで、横浜市は2011年に国から「環境未来都市」に選定されている。

 設置されたハイブリッド街路灯は、風力発電と太陽光発電によるクリーンエネルギーのハイブリッド発電システムを採用。独立電源なので電源インフラがない場所にも設置でき、さらにAC100Vの電源を標準装備。停電時や災害時等の非常時の電源として活用することができる。

 なお、3月1日の暫定歩行者通路の供用開始に合わせ、16:00~16:30に点灯式が行われる予定。

クリーンエネルギーで防災電源にも使えるハイブリッド街路灯が横浜市に設置

《防犯システム取材班/小菅篤@RBB TODAY》

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

    その規制標識は本物か?...滋賀県警、県内の全標識確認へ

  2. 踏切で立ち往生していた軽トラック、貨物列車と衝突

    踏切で立ち往生していた軽トラック、貨物列車と衝突

  3. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

    南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  4. 俵山トンネルの補修工事に着手…熊本地震で通行不能

  5. 熊本地震、今後の備えは「三段構え」で...気象庁

  6. 郵便局員のバイクと正面衝突、車両放置して逃走の男を逮捕

  7. 自賠責保険ステッカーがカラフルに

  8. トラックから鋼材が落下、後続車のドライバーを直撃

  9. 事故対策補助金の申請を受け付け---先進安全自動車や運行管理を高度化など対象

  10. ハミルトン、特注スーパーカーで事故…モナコ

アクセスランキングをもっと見る