【F1】テスト3日目、ヒュルケンベルグがトップ…フェラーリ、ホンダにトラブル

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

テスト3日目はヒュルケンベルグがトップ
  • テスト3日目はヒュルケンベルグがトップ
  • 2016F1バルセロナテスト3日目
  • 2016F1バルセロナテスト3日目
  • 2016F1バルセロナテスト3日目
  • 2016F1バルセロナテスト3日目
  • 2016F1バルセロナテスト3日目
  • 2016F1バルセロナテスト3日目
  • 2016F1バルセロナテスト3日目
スペインのカタロニア・サーキットで行なわれているF1プレシーズンテストは24日、3日目のセッションを迎え、ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)がトップタイムを記録した。

3日目もドライコンディションで行われたが、朝からトラブルを抱えるマシンが続出。中でも2日連続でトップタイムを記録していたフェラーリは、朝から燃料系のトラブルに見舞われガレージでの作業を強いられる。今日からキミ・ライコネンがステアリングを握る予定だったが長時間ピットで待機することに。お昼前にようやくコースインを果たすが、午前は4周のみでノータイムだった。しかし午後から少しずつ周回数を伸ばし、78周を走破した。

また午後には、ここまで大きなトラブルもなく順調にきていたマクラーレン・ホンダにトラブルが発生。3日目担当のジェンソン・バトンが白煙を上げてストップ。原因は油圧系トラブルで明日の走行に支障はないとのことだが、午後セッションはわずか6周のみ。トータル51周で1分26秒919と11番手タイムに終わってしまった。この他にも、朝からコース上でストップするマシンが相次ぎ、幾度となくセッションが中断された。

今年初のF1テストとなったヒュルケンベルグは朝からペースを上げて走り込み、午前の段階で1分25秒286でトップタイム。午後になるとスーパーソフトタイヤを履いての走行でさらにタイムを上げ、1分23秒110を記録。この日のベストタイムとなった。

2番手には今季から新規参戦するハースのロマン・グロージャン。この日はテストプログラムの関係かライバルチームのタイムが伸びなかったため1分25秒874のベストタイムで2番手となったが、1レース分を超える82周を走破。チームにとって初のレースとなる来月の開幕戦に向けて着々と準備を進めている。3番手にはライコネン(1分25秒977)が入った。


2016 F1第1回バルセロナ合同テスト 3日目総合結果
1.ニコ・ヒュルケンベルグ(フォース・インディア)1分23秒110[99周]
2.ロマン・グロージャン(ハース)1分25秒874[82周]
3.キミ・ライコネン(フェラーリ)1分25秒977[78周]
4.ケビン・マグヌッセン(ルノー)1分26秒014[111周]
5.ニコ・ロズベルグ(メルセデス)1分26秒084[74周]
6.カルロス・サインツJr(トロ・ロッソ)1分26秒239[161周]
7.フェリペ・ナスル(ザウバー)1分26秒392[115周]
8.ルイス・ハミルトン(メルセデス)1分26秒421[88周]
9.ダニール・クビアト(レッドブル)1分26秒297[74周]
10.フェリペ・マッサ(ウイリアムズ)1分26秒712[109周]
11.ジェンソン・バトン(マクラーレン)1分26秒919[51周]
12.リオ・ハリアント(マノー)1分28秒249[78周]
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

    【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロ「8耐での勝利は僕にパワーをくれた、だから今年も勝ちたい」

  2. スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

    スバル 360、「てんとう虫」が機械遺産に認定

  3. 【新聞ウォッチ】「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安

    【新聞ウォッチ】「ポケモンGO」止まない運転中の衝突事故、道交法違反…任天堂株はストップ安

  4. 怪物780馬力、ヒルクライム最速のスバル インプレッサ[動画]

  5. フェラーリ 1/24モデル×全60号…デアゴスティーニから

  6. 【夏休み】未来のエンジニアを育成する---29のプログラム

  7. 隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

  8. 【鈴鹿8耐】ヤマハがメディアカンファレンスを開催、各ライダーが連覇に向け意気込み語る

  9. 【新聞ウォッチ】三菱自、特別委による燃費不正調査結果を8月2日に公表へ

  10. 【グッドウッド16】780馬力 インプレッサ がヒルクライム最速、マクラーレンP1 超えた

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら