【ホンダ アフリカツイン】足着きに不安ならローシートを…オプションパーツも充実

モーターサイクル 新型車

CRF1000L Africa Twinオプション装着車。
  • CRF1000L Africa Twinオプション装着車。
  • CRF1000L Africa Twinオプション装着車。
  • 本田技術研究所二輪R&Dセンターの渡邉 淳氏
  • CRF1000L Africa Twinメディア向け技術説明会にて。
  • CRF1000L Africa Twinメディア向け技術説明会にて。
  • 開発責任者である本田技術研究所二輪R&Dセンターの飯塚 直氏
  • CRF1000L Africa Twinオプション装着車。
  • CRF1000L Africa Twinオプション装着車。
2月22日に発売となった『CRF1000L アフリカツイン』。さまざまな純正オプションパーツも同時リリースされる。

開発陣が必ず用意しようと考えたのが、ローシートだったという。というのも開発責任者である本田技術研究所二輪R&Dセンターの飯塚 直氏は身長160cm台。自らも、アドベンチャーモデルとなると足着きが不安。自分にローシートが必要なように、ユーザーにも提供しなければと考えたのだ。

シート高は前モデルのXRV750 アフリカツインと同等の870mmに設定したが、CRF1000L アフリカツインには、より20mm低い850mmに容易く変更することができるアジャスト機構を備えた。

飯塚氏は言う。「さらにローシートに交換することで、スタンダードのシートより30mm低いシート高にできます。シートアジャスト機構により820mmにまで下げられます」

ライダーの体格やライディングスタイルに合わせてシート高を落とせ、足着き性を向上する『ローシート』は税込み1万6956円だ。

さらに、ノーマルスクリーンに対して90mm高く、30mmワイドな『ハイウインドスクリーン』(2万1384円)や、車両本体のキーで開閉ができるHondaワン・キー・システムを採用する『パニアケース』(10万5840円)などもラインナップ。アクセサリーを新車時から装着するユーザーも多いという。

本田技術研究所二輪R&Dセンターの渡邉 淳氏は、「好みに合わせて、様々なスタイルで楽しんで欲しい」という。「たとえば、DCT仕様車の場合、手元のシフトチェンジ操作に加えて、フットチェンジもしたいという人がいます。DCTチェンジペダルキット(3万2184円)を備えれば、足もとでもギヤチェンジができます」

アクセサリーソケット(1万800円)やフルフェイスヘルメット1個を収納可能なトップボックス(5万4540円)、フロントサイドパイプ(5万6160円)、LEDフォグランプ(3万9960円)などもある。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  2. 【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

    【東京モーターショー15】スズキ、原付クロスバイク「フィール フリー ゴー!」を世界初公開

  3. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  4. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  5. 【スズキ GSR250F 試乗】“250ツアラー”、競合フルカウルとは明確な違い…青木タカオ

  6. 台湾で大型バイクユーザー急増中…日本とは違うツーリング事情

  7. 【ホンダ CB1100EX 試乗】見た目、走りとも飽きずに長く付き合える…青木タカオ

  8. 【スズキ アドレス110 発表】“通勤快速”スクーター、アドレスV125 との違いは

  9. 富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

  10. 【東京モーターサイクルショー16 動画】ヤマハ、レトロと先進の融合「XSR900」と3輪「トリシティ155」が初公開

アクセスランキングをもっと見る