ミシュラン パイロットスポーツ4 発売…フォーミュラEから技術をフィードバック

自動車 ビジネス 国内マーケット

ミシュラン パイロットスポーツ4 発表会
  • ミシュラン パイロットスポーツ4 発表会
  • ミシュラン パイロットスポーツ4 発表会
  • ミシュラン パイロットスポーツ4 発表会
  • 日本ミシュラン 小田島広明 モータースポーツマネージャー
  • ミシュラン パイロットスポーツ4 発表会
  • ミシュラン パイロットスポーツ4 発表会
日本ミシュランが3月24日から販売を開始するスポーツタイヤの新製品『パイロットスポーツ4』には、フォーミュラEで得られた技術が応用されている。

日本ミシュランでモータースポーツマネージャーを務める小田島広明氏は「フォーミュラEから技術をフィードバックした背景には、いくつかの重要なポイントがある」と話す。

そのポイントとは「まずフォーミュラEではドライ、ウェットとも共用のタイヤでレースをしている。そして2番目に18インチのタイヤを使っていること。3つめが公道でのレースであるということ。さらに1年を通じて同じタイヤスペックでレースが行われている。これらの条件は、まさに使われる環境が市販車と共通している」というわけだ。

フォーミュラEから実際にフィードバックされた技術としては、レースタイヤのトレッドパターンの応用。これにより広い接地面とグリップ力を確保。またハイブリッド・アラミド/ナイロンベルトの採用でトレッド面をしっかりと路面に密着することが可能になったという。

こうした技術によりパイロットスポーツ4はウェット路面での比較実験で既存のパイロットスポーツ3に比べ最速ラップタイムで1秒の短縮、1.7%の改善率を確認したという。これは1kmのコースで車3台分の差になるとミシュランでは試算している。

その上で小田島氏は「ミシュランは極限で技術を磨き、それを市販向けタイヤにフィードバックしている。まさにパイロットスポーツ4は、極限で磨いた技術を具現化した製品といえる」と強調した。
《小松哲也》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品