【シカゴモーターショー16】メルセデスの商用車、スプリンター に入門車…「ワーカー」設定

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
ドイツの高級車、メルセデスベンツは2月11日、米国で開幕したシカゴモーターショー16において、『スプリンター ワーカー』を初公開した。

『スプリンター』は、最大積載量3.5トンクラスの欧州商用車のベストセラーモデル。2代目に当たる現行型は、2006年に発売された。スプリンターには、バン、ピックアップトラックなど、用途に応じたバリエーションが豊富に用意される。

2013年5月には、現行型が初の大幅改良を実施。フロントを中心にフェイスリフト。グリル、ヘッドライト、ボンネット、バンパーのデザインを一新し、モデルチェンジを受けたように大きくイメージを変えた。米国市場においても、堅調な販売実績を残している。

シカゴモーターショー16で初公開されたスプリンター ワーカーは、米国でのスプリンターの新たな入門モデル。ボディカラーは、ホワイトのみ。バンパーは樹脂ブラックとするなど、装備を厳選することで、コストを抑えたいビジネスユーザーの需要に応える。

搭載エンジンは2.1リットル直列4気筒ターボディーゼル。最大出力161hp、最大トルク36.8kgmを引き出す。トランスミッションは7速の7Gトロニック。米国ベース価格は、3万2495ドル(約365万円)と公表された。従来の最廉価モデルよりも、4000ドル(約45万円)価格を引き下げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

    【スバル インプレッサ 新型】ヘキサゴンとコの字の組み合わせは今後のスバルの顔

  2. 【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

    【日産 セレナ 新型】星野専務「予約好調、ロケットスタート切る」 8月24日発売

  3. 【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

    【スバル インプレッサ 新型】専用サイトで国内仕様を公開…歩行者保護エアバッグを初装備

  4. 【メルセデスベンツ Eクラス 新型】上野社長「新世代のスタンダードに」

  5. 【メルセデス Eクラス 新型】ドライブパイロット初搭載、高速渋滞時の自動運転を実現

  6. BMW M5、現行型に最終モデル…5年の歴史に幕

  7. ホンダ NSX 新型、環境性能でフェラーリ/マクラーレン凌駕

  8. アルピナ版 5シリーズ ツーリング「B5」早くも目撃

  9. 【日産 セレナ 新型】9月発売予定のプロトタイプ、詳細を撮影[写真蔵]

  10. 【スバル インプレッサ 新型】すべてが必然のデザイン…フロントに生きる「栄・誉エンジン」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら