【シカゴモーターショー16】メルセデスの商用車、スプリンター に入門車…「ワーカー」設定

自動車 ニューモデル モーターショー

メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
  • メルセデスベンツ スプリンター ワーカー
ドイツの高級車、メルセデスベンツは2月11日、米国で開幕したシカゴモーターショー16において、『スプリンター ワーカー』を初公開した。

『スプリンター』は、最大積載量3.5トンクラスの欧州商用車のベストセラーモデル。2代目に当たる現行型は、2006年に発売された。スプリンターには、バン、ピックアップトラックなど、用途に応じたバリエーションが豊富に用意される。

2013年5月には、現行型が初の大幅改良を実施。フロントを中心にフェイスリフト。グリル、ヘッドライト、ボンネット、バンパーのデザインを一新し、モデルチェンジを受けたように大きくイメージを変えた。米国市場においても、堅調な販売実績を残している。

シカゴモーターショー16で初公開されたスプリンター ワーカーは、米国でのスプリンターの新たな入門モデル。ボディカラーは、ホワイトのみ。バンパーは樹脂ブラックとするなど、装備を厳選することで、コストを抑えたいビジネスユーザーの需要に応える。

搭載エンジンは2.1リットル直列4気筒ターボディーゼル。最大出力161hp、最大トルク36.8kgmを引き出す。トランスミッションは7速の7Gトロニック。米国ベース価格は、3万2495ドル(約365万円)と公表された。従来の最廉価モデルよりも、4000ドル(約45万円)価格を引き下げている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ニューモデル アクセスランキング

  1. 【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

    【レヴォーグ STI Sport】高級ホテルにも乗りつけられる、ただし踏みすぎなければ…高橋克典

  2. トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

    トヨタ オーリス 次期型が初露出! “キーンルック”が変わる!?

  3. ルノー アラスカン、間もなくデビュー…新型ピックアップトラック

    ルノー アラスカン、間もなくデビュー…新型ピックアップトラック

  4. シトロエン C3 新型、公式発表…Bセグコンパクトが3世代目に

  5. ポルシェ パナメーラ 新型、「4S」は2.9ツインターボ440馬力

  6. トヨタ パッソ どれほどカイテキ? 便利機能と安全装備[動画]

  7. スバル、レヴォーグの最上級グレード STIスポーツ発売…代官山T-SITEで特別展示

  8. 【MINI コンバーチブル】MINIを感じさせながらも、洗練されたデザインに

  9. スズキ スーパー キャリイ、インドから輸出開始

  10. 日本発売はまだか? ホンダ シビックセダン、欧州版が走った

アクセスランキングをもっと見る