ホンダ八郷社長「3~4年で国内生産を90万台半ばに」

自動車 ビジネス 企業動向

埼玉製作所寄居工場 完成車組立(参考画像)
  • 埼玉製作所寄居工場 完成車組立(参考画像)
  • ホンダ八郷隆弘社長
ホンダの八郷隆弘社長は2月24日に東京都港区の本社で記者会見し、2015年に大きく落ち込んだ国内での四輪車生産について、「3年から4年をかけて90万台の半ばにもっていきたい」との方針を示した。

ホンダの15年の国内生産は、海外での生産拡充に伴う輸出の縮小や国内新車需要の低迷などで前年比24%減の73万台となった。八郷社長は、「国内工場がマザー機能もつことからも、日本でのモノづくりはしっかりやらなければならない」とし、国内生産の減少に危機感を示した。

すでに15年から北米向け『フィット』の一部を日本からの供給に切り替えたほか、今年は『アコード ハイブリッド』も同様の措置とする。ただし、国内需要の不振が長期化していることもあり、八郷社長は90万台半ばへの回復には「3~4年」を要すとの認識を示した。

また、八郷社長は90万台半ばに達する時点で「1~2割は輸出に向け、それ以外を国内販売で」との考えを示した。昨年の輸出は国内生産の9%に相当する約6万8000台だった。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

    ポルシェ、EVスポーツの開発と生産準備…1400名以上を雇用

  2. 定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

    定額クルマ乗り換え放題サービス始まる…IDOMが首都圏で先行リリース

  3. 三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

    三菱ふそう、バス床下の腐食点検を呼びかけ…重大事故のおそれ

  4. 飛ぶ・遊ぶ・観る…夏休み、マイカー利用ファミリー向け“涼しい早朝割引”

  5. 三菱 アウトランダー 旧型、米国でリコール…融雪剤の影響で腐食

  6. フィアット欧州販売、13%増の9.8万台…Aセグ首位維持 6月

  7. VWの排ガス不正問題の和解案、米国の裁判所が仮承認

  8. ジャガー・ランドローバー、カスタマイズを重視…英国に新拠点

  9. タクシー初乗り410円、実証実験を都内4か所で実施…8月5日より

  10. スバル富士重 吉永社長「今秋の インプレッサ 皮切りに毎年新車を投入」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら