パワーパーツで自分色に…46worksがKTMカスタムの理想型を提案

モーターサイクル 新型車

46worksの中嶋志朗氏がプロデュースした『RC8』
  • 46worksの中嶋志朗氏がプロデュースした『RC8』
  • 46worksの中嶋志朗氏がプロデュースした『RC8』
  • 46worksの中嶋志朗氏がプロデュースした『RC8』
  • 46worksの中嶋志朗氏がプロデュースした『RC8』
  • 46worksの中嶋志朗氏がプロデュースした『RC8』
  • 46worksの中嶋志朗氏がプロデュースした『RC8』
  • 46worksの中嶋志朗氏がプロデュースした『RC8』
  • 46worksの中嶋志朗氏がプロデュースした『RC8』
KTM モーターサイクルの楽しみのひとつに「カスタム」がある。「パワーパーツ」と名付けられた純正パーツが豊富に用意され、オーナーは自分の好みに愛車をカスタマイズしていくことができる。

特にここ日本のKTMオーナーはカスタムに熱心だ。KTM Japanによれば、車両1台あたりの部品売り上げが世界一となっており、KTM モーターサイクルというキャンバスに、オーナーたちが自由に自分の夢を描いている。

そんなユーザーの夢の形の頂点ともいえるモデルが、46worksの中嶋志朗氏がプロデュースした『RC8』だろう。ラジエーターシュラウドを生かしたKTM らしさを力強く表現し、卓越した板金技術によって生み出されたフューエルタンクからテールカウルへと流れる美しいラインを描いた。

車検を取得し、公道走行も可能だが、チタニウムパイプを繋いだエキゾーストシステムは排気効率を追求し、スムースなトルクデリバリーを実現。フルカウルのスーパースポーツであるRC8が、このようなスタイルに生まれ変わるとは驚きである。

この美しく斬新なマシンは、昨年12月に開催されたホットロッドカスタムショーにて「Best Motorcycle European アワード」を受賞。4月からスタートする「KTM オレンジキャラバン」(試乗会)の各会場で、目の当たりにすることができるかもしれない。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…元MotoGPチャンプ加入、MuSASHi RT HARC-PRO.

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…元MotoGPチャンプ加入、MuSASHi RT HARC-PRO.

  2. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

    ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  3. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…ZX-10R で表彰台が見えてきたTeam GREEN

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…ZX-10R で表彰台が見えてきたTeam GREEN

  4. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

  5. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…通算5勝目を狙うヨシムラ スズキ Shell ADVANCE

  6. ヤマハ発動機、競技先導用の電動アシスト自転車を開発…50km/h

  7. ホンダ CB1300シリーズ にも”漆塗り”イメージの限定カラー

  8. 【夏休み】バイクの遊園地…KTMがオフロードユーザー向けイベント

  9. ヤマハ ボルト Cスペック、創業60周年記念カラーを限定発売…インターカラータンク装備

  10. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら