ホンダ八郷社長、PHVなど四輪の電動化比率「30年めどに3分の2に」

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ八郷隆弘社長
  • ホンダ八郷隆弘社長
  • ホンダアコード PHEV
  • ホンダ クラリティ フューエル セル(東京モーターショー15)
ホンダの八郷隆弘社長は2月24日、都内の本社で記者会見し、PHV(プラグイン・ハイブリッド車)などの電動化車両の販売比率を「2030年をめどに3分の2に置き換えていく」との方針を表明した。

四輪車のグローバルでの販売目標として掲げた。PHVをはじめHV(ハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)、EV(電気自動車)などを電動化車両としている。ホンダの2015年の電動化車両の販売はHVを中心に23万台規模で、販売比率は5%ほどにとどまっている。

八郷社長は、30年時点での全ての四輪販売量に占めるそれぞれの電動化車両の比率について「PHVとHVが50%以上、FCV、EVのゼロエミッション車が15%くらい」とのイメージを示した。また、八郷社長はこうした環境対応車両のなかでは「PHVを今後の中心と定め、順次設定・拡充を図っていく」との考えも強調した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  2. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  3. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  4. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. 【ストップ 粗悪修理】危険! 車が真っ直ぐ走らない…不完全修復の全貌 その4

  8. スバル富士重、国内外販売好調…総生産台数は8か月連続プラス 6月実績

  9. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  10. ピックアップとSUVの間、端正でマッスルな日産 NP300 ナバラ [フォトレポート]

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら