ホンダ八郷社長、PHVなど四輪の電動化比率「30年めどに3分の2に」

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ八郷隆弘社長
  • ホンダ八郷隆弘社長
  • ホンダアコード PHEV
  • ホンダ クラリティ フューエル セル(東京モーターショー15)
ホンダの八郷隆弘社長は2月24日、都内の本社で記者会見し、PHV(プラグイン・ハイブリッド車)などの電動化車両の販売比率を「2030年をめどに3分の2に置き換えていく」との方針を表明した。

四輪車のグローバルでの販売目標として掲げた。PHVをはじめHV(ハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)、EV(電気自動車)などを電動化車両としている。ホンダの2015年の電動化車両の販売はHVを中心に23万台規模で、販売比率は5%ほどにとどまっている。

八郷社長は、30年時点での全ての四輪販売量に占めるそれぞれの電動化車両の比率について「PHVとHVが50%以上、FCV、EVのゼロエミッション車が15%くらい」とのイメージを示した。また、八郷社長はこうした環境対応車両のなかでは「PHVを今後の中心と定め、順次設定・拡充を図っていく」との考えも強調した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

    【リコール】トヨタ プリウス など155万台、満タン時にガソリン臭が発生するおそれ

  2. 【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

    【リコール】マツダなど5社、タカタ製エアバッグ不具合で73車種144万台を追加

  3. 【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

    【新聞ウォッチ】燃費不正の軽自動車4車種、あすから販売再開---三菱自と日産

  4. マツダ英国販売12%増、CX-3 と ロードスター が牽引…1‐5月

  5. 【リコール】日野レンジャー など、ターボチャージャ不具合でエンストのおそれ

  6. アバルト全モデル、フィアット正規ディーラー全国79店舗での販売を開始

  7. トヨタ プリウス などのリコール、米国に拡大…カーテンエアバッグに不具合

  8. 【リコール】トヨタ プリウス など74万台、カーテンエアバッグに不具合

  9. 自動車国内生産、軽乗用車が6か月連続の2ケタ減…5月

  10. メルセデスの新型SUV、GLCクーペ …独工場で生産開始

アクセスランキングをもっと見る