ホンダ八郷社長、PHVなど四輪の電動化比率「30年めどに3分の2に」

自動車 ビジネス 企業動向

ホンダ八郷隆弘社長
  • ホンダ八郷隆弘社長
  • ホンダアコード PHEV
  • ホンダ クラリティ フューエル セル(東京モーターショー15)
ホンダの八郷隆弘社長は2月24日、都内の本社で記者会見し、PHV(プラグイン・ハイブリッド車)などの電動化車両の販売比率を「2030年をめどに3分の2に置き換えていく」との方針を表明した。

四輪車のグローバルでの販売目標として掲げた。PHVをはじめHV(ハイブリッド車)、FCV(燃料電池車)、EV(電気自動車)などを電動化車両としている。ホンダの2015年の電動化車両の販売はHVを中心に23万台規模で、販売比率は5%ほどにとどまっている。

八郷社長は、30年時点での全ての四輪販売量に占めるそれぞれの電動化車両の比率について「PHVとHVが50%以上、FCV、EVのゼロエミッション車が15%くらい」とのイメージを示した。また、八郷社長はこうした環境対応車両のなかでは「PHVを今後の中心と定め、順次設定・拡充を図っていく」との考えも強調した。
《池原照雄》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

    「自動ブレーキ」名前の認知度97.3%も、半数は機能を誤解…JAF調べ

  2. ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

    ヒュンダイの小型車、イオン も星ゼロ評価…グローバルNCAP

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. 三菱自、益子会長が社長職を兼任…副社長3名は退任

  5. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  6. 日産 GT-R NISMO、米国価格公表…ポルシェ 911ターボ を超えた

  7. 米国高級車販売、BMWが首位…メルセデスとレクサスを抑える 4月

  8. 三菱自、燃費不正問題で特別損失1億円を計上

  9. トヨタ、マレーシアで生産体制再編…乗用車専用工場を新設

  10. 新型 シビック タイプR がレンタカーに…3時間1万5750円から

アクセスランキングをもっと見る