【ポルシェ 911ターボS 海外試乗】終わりなき進化に、早くも「次」を期待させられる…山崎元裕

試乗記 輸入車

ポルシェ 911ターボS
  • ポルシェ 911ターボS
  • 山崎元裕氏
  • ポルシェ 911ターボS
  • ポルシェ 911ターボS
  • ポルシェ 911ターボS
  • ポルシェ 911ターボS
  • ポルシェ 911ターボS
  • ポルシェ 911ターボS
ポルシェは昨年来、現行の991型『911』にビッグマイナーチェンジを実施。「カレラ シリーズ」、「カレラ4シリーズ」に続いて、今年のデトロイトショーでは、ターボ・シリーズもニューモデルへと進化させてきた。新型にも、これまでと同様にスタンダードモデルのターボと、高性能版のターボSがラインナップされ、その各々にクーペとカブリオレの両ボディーが用意されている。今回試乗したのはターボSのクーペ。これはターボ・シリーズの中では最もスパルタンな仕様ともいえる。

911ターボのアピアランスには、やはり独特な凄みがある。ワイド化されたフェンダーは、その象徴的なディテールだが、もちろんそれには機能という確実な裏付けがある。フロントのバンパースポイラーやスプリッター、さらにはドアハンドルやテールランプなどもデザインが改められ、したがってマイナーチェンジとはいえ新型911ターボの外観は、ニューモデルとしての新鮮さに満ち溢れている。

新型911ターボに搭載されるエンジンは、これまでと同様に3.8リットル仕様の水平対向6気筒ツインターボだが、インレットポートのデザインを変更したほか、高燃圧に対応した新たなインジェクターを採用。さらに可変ジオメトリー式のターボも、そのタービン径や過給圧設定を変更し、ターボでは540ps、ターボSでは580psの最高出力を実現した。ちなみにこの数字は従来型比でいずれも20psの強化。ミッションは7速PDKのみ、また駆動方式に電子制御多板クラッチを使用したフルタイム4WDを採用しているのも大きな特徴だ。

580psユニットを搭載するターボSの走りは、衝撃的なものだった。こちらも新デザインとなったステアリングホイール上には、「ノーマル」、「スポーツ」、「スポーツプラス」、そして「インディビジュアル」の各走行モードを選択できるロータリースイッチが備わっているが、サーキット走行ではもちろんスポーツプラスが最も刺激的で、そして面白い。まず驚かされるのは7速PDKの素晴らしい制御で、アクセルペダルを踏み込めば、まさに怒涛の如くパワーが生み出されるから、まさにシームレス感覚の加速が楽しめる。いや正確には、それが楽しめるのは3速や4速にシフトされてからの話。1速や2速ではまさに一瞬でレブカウンターの針はレブリミットに達する。ここに重量感なるものは一切感じない。

新型エンジンに採用されたメカニズムで、もうひとつ紹介しておかなければならないのは、ダイナミックブースト機能だ。これはアクセルペダルをわずかに戻したようなシチュエーションでは、スロットルバルブをオープンにしたままでフューエルカットを行い、それによって過給圧を維持するもの。そもそものパワーが大きいがゆえに、その効果をダイレクトに感じるのは正直なところ難しかったが、ターボラグはほとんどそれを感じることはなかったし、またアクセルレスポンスもシャープな印象に終始したのは確かだった。

ターボSの走りで常に感じるのは、圧倒的なトラクション性能と、スタビリティだ。これだけのハイパワーモデルとなると、やはり最適な駆動力配分を実現してくれる4WDシステムの存在は、まず大きなアドバンテージになる。さらにPASM=ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメントや、PDCC=ポルシェ・ダイナミックシャシー・コントロール、そしてもちろんその性能には絶対的な信頼感を抱くことができる、PCCB=ポルシェ・セラミックコンポジット・ブレーキといった最新のデバイスや装備が、車体を常に安定方向へと導いてくれることで、ドライバーは緊張感から解放されることになる。これだけの速さの中で、ここまでにリラックスしてドライブを続けることができるスーパースポーツは、そうは多くはないと断言できる。その優秀なエアロダイナミクスも、このような結論に至った、大きな理由のひとつだ。

走行モードを選択するロータリースイッチのセンターには、さらにスポーツレスポンススイッチがレイアウトされている。これは追い越し時などに20秒間のみ、エンジンやミッションのマネージメントによって最高効率での加速を実現してくれるものだが、気がつけばそれを一度もプッシュすることなく、今回のテストドライブを終えていた。

ポルシェ911の進化は、まさに終わるところがない。ポルシェはすでに、次世代911の開発を進めているだろう。はたしてそれは、我々に今度はどのような驚きを与えてくれるというのか。それさえが、早くも楽しみになってきた。

■5つ星評価
パッケージング:★★★★
インテリア/居住性:★★★★
パワーソース:★★★★★
フットワーク:★★★★★
オススメ度:★★★★

山崎元裕|モーター・ジャーナリスト(日本自動車ジャーナリスト協会会員)
1963年新潟市生まれ、青山学院大学理工学部機械工学科卒業。少年期 にスーパーカーブームの洗礼を受け、大学で機械工学を学ぶことを決意。自動車雑誌編 集部を経て、モーター・ジャーナリストとして独立する。現在でも、最も熱くなれるのは、スーパーカー&プレミアムカーの世界。それらのニューモデルが誕生 するモーターショーという場所は、必ず自分自身で取材したいという徹底したポリシーを持つ。
《山崎 元裕》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品