マリンドエア、クアラルンプール国際空港のターミナルを変更へ…3月15日

航空 企業動向

マレーシアの格安航空会社(LCC)、マリンドエアは3月15日からクアラルンプール国際空港の発着ターミナルをメインターミナルに変更する。

マリンドエアは2月23日現在、クアラルンプール国際空港の第2ターミナル(LCC専用ターミナル)で運航中。空港運営・管理会社のマレーシア・エアポートは、ターミナル変更に注意するように呼びかけている。なお、マリンドエアが運航する、クアラルンプール近郊のスバン空港発着便への影響はない。

マリンドエアは、オーストラリア、バングラデシュ、インド、インドネシア、ネパール、タイ、ベトナム、マレーシア、シンガポール、スリランカの31都市に就航。最近はクアラルンプール=パース、ホーチミン、コロンボ線を開設したばかり。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品