ホンダ、東風本田の鈴木氏が女性初の執行役員に

自動車 ビジネス

ホンダは2月23日、新任執行役員として中国合弁である東風本田汽車の鈴木麻子総経理(52)が4月1日付で就任する人事を内定したと発表した。同社生え抜きでは初めての女性役員となる。

鈴木氏は1987年にホンダに新卒で入社。アジア・大洋州本部地域事業企画室長、事業管理本部財務部長などを経て2012年から中国本部に在籍し、現地駐在してきた。14年4月に東風汽車との合弁会社、東風本田汽車の日本人トップである総経理に就任した。

ホンダは現在、社外からの取締役と監査役の各1人に女性を起用しているが、生え抜きの役員は初めて。今後も人材起用の多様化を推進していく方針としている。
《池原照雄》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品