カンタス航空、機内Wi-Fi接続サービスを国内線で導入へ…来年初め

航空 企業動向

オーストラリアのカンタス航空は2月23日、来年初めから機内Wi-Fi接続サービスを豪州国内線で導入すると発表した。

機内Wi-Fi接続サービスの利用は無料。対象機材はB737とA330。サービスプロバイダーは米ビアサット(ViaSat)。ビアサットのシステムを利用する同サービスは、従来の機内Wi-Fiと比較し、最大10倍の通信速度を誇る。利用者は、映画、TV番組、最新のニュース、スポーツ中継のストリーミングが可能になる。

カンタスのアラン・ジョイス最高経営責任者(CEO)は「目標は、豪州を世界で最も快適に機内Wi-Fiを利用できる場所にすること」とサービスの本格導入に意欲を見せており、国際線・リージョナル路線への高速Wi-Fi接続導入の検討が進められている。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

    羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

  2. ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

    ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

  3. ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

    ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

  4. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  5. エアバス、エチオピア航空 A350XWB 第1号機を引き渡し

  6. ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

  7. 羽田空港、ビジネスジェットの発着枠を2倍に拡大へ…ホンダジェットに追い風

  8. ボンバルディア、SWISSに CS100 初号機を納入…営業飛行開始は7月15日

  9. 羽田の国際枠拡大で経済効果は年6500億円…国交省試算

  10. ANA、羽田=クアラルンプール線就航…米本土線など羽田発着ダイヤを改正

アクセスランキングをもっと見る