「JAXAタウンミーティング」を静岡で開催…「きぼう」日本実験棟の利用など紹介

宇宙 エンタメ・イベント

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、静岡県労働者福祉基金協会ライフサポートセンターしずおか事業部と共催で「JAXAタウンミーティング」を3月5日に静岡労政会館(静岡市)で開催する。

今回は、JAXAが取り組んでいる宇宙探査や、「きぼう」日本実験棟の利用について話題を提供し、参加者からJAXA事業に対する意見や、新しい宇宙利用や、連携していくなどの提案を受け付ける。

倉岡今朝年JAXA宇宙探査イノベーションハブ技術領域主幹が「JAXA宇宙探査イノベーションハブ~宇宙探査の持続的発展を目指した新たな挑戦~」、坂下哲也JAXA有人宇宙技術部門きぼう利用センター技術領域リーダーが「宇宙実験のビジネスへの利用~宇宙ステーションをあなたの課題解決に使ってみませんか?~」と題して講演する。

参加は無料。定員300人で事前申込制。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

宇宙 アクセスランキング

  1. JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

    JAXA、ソーラー電力セイル探査機の公開実験…7月13日

  2. 「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

    「はやぶさ2」が目指す小惑星「リュウグウ」、今夏に観測できるチャンス

  3. ISS第38次/第39次長期滞在クルー、バイコヌール宇宙基地に移動

    ISS第38次/第39次長期滞在クルー、バイコヌール宇宙基地に移動

  4. JAXA、ISS「きぼう」日本実験棟から米国の超小型衛星の放出作業を完了

  5. NASA 、ロボットによる衛星修理・給油テクノロジー、RRMのテストを公開

  6. 世界の宇宙予算20年ぶり縮小

  7. 国立天文台、4次元デジタル宇宙ビューワーを多言語化…「はやぶさ2」の立体モデルも追加

  8. 宇宙教育テレビが25日にイプシロンロケット特集ライブ放送

  9. 解像度40センチの超高精細衛星画、米デジタルグローブが初公開

  10. 木星の大移動が作り替えた太陽系小惑星マップ 米仏研究者が基礎データを完成

アクセスランキングをもっと見る