ヤマハ XSR900 発売、レトロスタイルの新型ロードスポーツ

モーターサイクル 新型車

ヤマハ XSR900 60th アニバーサリー
  • ヤマハ XSR900 60th アニバーサリー
  • ヤマハ XSR900
  • ヤマハ XSR900
  • ヤマハ XSR900
  • ヤマハ XSR900
  • ヤマハ XSR900
  • ヤマハ XSR900
  • ヤマハ XSR900
ヤマハ発動機は、レトロな外観とパフォーマンスを融合させた新型ロードスポーツ『XSR900』および、同社創業60周年記念カラーの『XSR900 60th アニバーサリー』を4月15日より発売する。

XSR900は、「The Performance Retro-ster」をコンセプトに開発。味わいのあるレトロな外観と先進技術によるパフォーマンスを合わせもつモデルとなっている。現行『MT-09』が採用する最高出力110psの845cc水冷直列3気筒エンジンを搭載。TCS(トラクションコントロールシステム)やA&S(アシスト&スリッパー)クラッチ、ABSなどを装備し、高次元な走りを提供する。

レトロなボディには、オーセンティックなイメージを強調するCMFGデザインを積極的に織り込んでいる。タンクカバーとリアフェンダーにはアルミプレス材、サイドカバーパネルとメーターブラケットには5mm厚アルミプレス材、前フェンダーブラケットとライトステーにはアルミ製ダイキャスト、タンク懸架ステーは鍛造アルミ材を採用。金属が持つ素材感を強調しながら、シンプルなシルエットの中に独自の世界観を表現している。

カラーはマットグレーメタリック3(マットグレー)とグレーイッシュブルーメタリック4(ブルー)の2色を用意。価格は104万2200円。

XSR900 60th アニバーサリーは、標準モデルをベースに、スピードブロックグラフィックを織り込んだアルミ製タンクカバーや、ゴールド仕上げのフォークアウターチューブ、ブラック塗装のヘッドランプケース、イエローのコイル採用リアサスペンション、専用エンブレムなどを採用。2月23日から9月末日までの受注期間限定モデルとなる。価格は107万4600円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

    料金引き下げにつながるか...「2人乗りは難しい」首都高速・宮田社長

  2. 「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

    「想定以上の申し込み」で対象台数上乗せ...二輪車ETC購入助成

  3. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

    ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  4. 対象台数増やし、8月末日まで期間延長...二輪車ETCの車載器購入助成

  5. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  6. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…元MotoGPチャンプ加入、MuSASHi RT HARC-PRO.

  7. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  8. 【鈴鹿8耐】今年も前日の恒例「バイクであいたいパレード」開催…9日から受付

  9. 「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

  10. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら