ファイル共有ソフトの不正利用で、警察庁が44人を一斉検挙

エンターテインメント 話題

 警察庁は、2月16日~18日の3日間、「ファイル共有ソフト」を使用した著作権法違反事件について、一斉集中取締りを実施した。93か所を捜索し、44人を検挙した。

 今回の取締りは、29府県警察が共同で実施。アニメ、漫画、楽曲、映画などのコンテンツを不正にやりとりしている対象を取り締まったもの。このような一斉集中取締りは、2009年の初実施から今回で7回目となる。

 あわせて警察庁は、不正商品対策協議会(ACA)、コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)、日本映画製作者連盟(MPAJ)、日本映像ソフト協会(JVA)、日本音楽著作権協会(JASRAC)、日本国際映画著作権協会(JIMCA)、日本レコード協会(RIAJ)、ザ・ソフトウェア・アライアンス(BSA)に連絡。各団体は、個別にその詳細を公表している。

 日本レコード協会関連では、音楽ファイルの違法アップロード者8名が検挙された。うち2名がファイル共有ソフト「Cabos」、5名が「Share」、1名が「BitTorrent」を利用していたという。
《冨岡晶@RBB TODAY》

《PR》関連記事

特集

おすすめの商品