スマート フォーツー カブリオ 新型、仏工場で生産開始

自動車 ビジネス 企業動向

仏工場で生産が開始されたスマート フォーツー カブリオ 新型
  • 仏工場で生産が開始されたスマート フォーツー カブリオ 新型
  • スマート フォーツー カブリオ(フランクフルトモーターショー15)
ドイツの高級車メーカー、メルセデスベンツ傘下のスマートは2月8日、フランスのハンバッハ工場において、新型『フォーツー・カブリオ』の生産を開始した。

同車は2015年9月、ドイツで開催されたフランクフルトモーターショー15で初公開。新型『フォーツー』は2014年10月、パリモーターショー14でワールドプレミア。新型は、メルセデスベンツを擁するダイムラーと、ルノーの提携の成果を生かして開発。車台は2014年3月、ジュネーブモーターショー14で発表された新型ルノー『トゥインゴ』と共用。駆動方式は、歴代フォーツーのRRレイアウトを継承した。

フランクフルトモーターショー15では、クーペボディだけの新型に、オープン版のカブリオを追加。ルーフは、キャンバストップ。ファブリック製のキャンバストップは全自動で、開閉はおよそ12秒で完了する。ソフトトップの色は、3色から選択可能。ジーンズ風のブルーデニム、赤、黒の3色となる。リアのウインドスクリーンはガラス製で、曇り止めのヒーターが付く。

リアに置かれるエンジンは、クーペボディと共通。新型ルノートゥインゴとも共用する。2種類の直列3気筒ガソリンエンジンを用意。自然吸気版は、排気量999ccで、最大出力71hp、最大トルク9.3kgmを発生する。ターボ版はさらに排気量が小さい898ccで、最大出力90hp、最大トルク13.8kgmを引き出す。

2月8日、フランスのハンバッハ工場から、新型フォーツー・カブリオの量産第一号車がラインオフ。スマートは、「第3のモデルにも、スマートの理念のFUNを表現した」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

    【リコール】スズキ イグニス、走行中にドアが開くおそれ

  2. アンモニアから燃料電池車用水素を製造する---広島大学など技術開発に成功

    アンモニアから燃料電池車用水素を製造する---広島大学など技術開発に成功

  3. 米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

    米EVテスラ、小型SUVとピックアップトラック市場に参入へ

  4. 【池原照雄の単眼複眼】出発点は「謙虚」…マツダの新しい走り「G-ベクタリング」

  5. クルマを置かないVRショール―ム…代官山蔦屋書店のメルセデス・ベンツ日本に行ってきた

  6. オートエクゼ、アテンザ用ストリートスポーツ チューニングキットを発売

  7. 高速バス100路線フリーパスなど…59社が結束、インバウンド活性化

  8. 富士重「スバル」へ社名変更、そのねらいとは

  9. イエローハット、福井および鹿児島に新店舗オープン…7月29日

  10. 搭載車両、続々! 新カーオーディオ・システム、クラリオン「フルデジタルサウンド」の音と魅力

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら