アップリカ、赤ちゃん医学から生まれた回転式チャイルドシート3機種を発売

自動車 ビジネス 国内マーケット

アップリカ・チルドレンズプロダクツは、新生児から4歳頃まで使える回転式チャイルドシート「フラディア グロウ」シリーズ3機種を3月25日より発売する。

フラディア グロウは、新生児期は「平らなベッド」、その後はシートを起こして「後ろ向きシート」「前向きシート」と成長に合わせて形状が変化する3ステップチャイルドシートの最新モデル。様々な専門分野の先生と「赤ちゃん医学」の研究を重ね、新生児から骨格の基礎が作られる4歳頃まで、理想的な姿勢を保ちながら、赤ちゃんの発育をサポートする構造を持ったチャイルドシートとして発売する。

首や腰のすわらない赤ちゃんの身体をまっすぐに寝かせてあげられる「平らなベッド」を用意。また手足の運動学習が活発になる首すわり以降は、自発運動を妨げないよう「後ろ向きシート」時に、足を自由に動かせるスペースを確保した「レッグルーム」を採用する。その後は、背骨の発育をサポートするため、無理のない自然なお座りができるよう考慮し、「前向きシート」時は、座席の奥行調節で姿勢を崩れにくくする「デプスアジャスター」、ふくらはぎを支える「フットレスト」、肩ベルトとヘッドレスとは5段階調整が簡単にできる「フィットアジャスター」を搭載する。

さらに、万が一の衝突時に、シート部分が振り子のように動き衝撃を軽減する「ショックキャッチ構造」、前突だけでなく側突も考慮した設計など、安全性も追求。正面のレバーで、赤ちゃんを乗せたまま360°回転できるなど、乗せおろしの操作性も高めている。

価格(税別)は5万5000円から6万9000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

    アドヴィックスの刈谷工場で爆発事故発生…トヨタの操業に影響の可能性

  2. 自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

    自動車メーカー、他社牽制力ランキング トップ3はトヨタ 日産 ホンダ

  3. 軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

    軍用ロボ? いえトラクターです…ランボルギーニ MACH VRT T4i

  4. トヨタのブレーキ合弁、アドヴィックス…増資と持株比率を変更

  5. ホンダ、軽自動車販売が18か月ぶりのプラス…4月実績

  6. 三菱自、登録車販売除き、生産・販売ともに前年同月比マイナス…燃費不正の影響大

  7. 【スマートコミュニティ16】トヨタ、新型プリウスPHV 日本仕様を初公開

  8. 愛知製鋼、知多工場爆発事故で最終赤字に…2016年3月期連結業績見通し

  9. 日産、デイズ販売停止も影響し国内販売22.3%減…4月実績

  10. スバル富士重、国内販売が5か月ぶりのプラス…4月実績

アクセスランキングをもっと見る