人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

アップリカ、赤ちゃん医学から生まれた回転式チャイルドシート3機種を発売

自動車 ビジネス 国内マーケット

アップリカ・チルドレンズプロダクツは、新生児から4歳頃まで使える回転式チャイルドシート「フラディア グロウ」シリーズ3機種を3月25日より発売する。

フラディア グロウは、新生児期は「平らなベッド」、その後はシートを起こして「後ろ向きシート」「前向きシート」と成長に合わせて形状が変化する3ステップチャイルドシートの最新モデル。様々な専門分野の先生と「赤ちゃん医学」の研究を重ね、新生児から骨格の基礎が作られる4歳頃まで、理想的な姿勢を保ちながら、赤ちゃんの発育をサポートする構造を持ったチャイルドシートとして発売する。

首や腰のすわらない赤ちゃんの身体をまっすぐに寝かせてあげられる「平らなベッド」を用意。また手足の運動学習が活発になる首すわり以降は、自発運動を妨げないよう「後ろ向きシート」時に、足を自由に動かせるスペースを確保した「レッグルーム」を採用する。その後は、背骨の発育をサポートするため、無理のない自然なお座りができるよう考慮し、「前向きシート」時は、座席の奥行調節で姿勢を崩れにくくする「デプスアジャスター」、ふくらはぎを支える「フットレスト」、肩ベルトとヘッドレスとは5段階調整が簡単にできる「フィットアジャスター」を搭載する。

さらに、万が一の衝突時に、シート部分が振り子のように動き衝撃を軽減する「ショックキャッチ構造」、前突だけでなく側突も考慮した設計など、安全性も追求。正面のレバーで、赤ちゃんを乗せたまま360°回転できるなど、乗せおろしの操作性も高めている。

価格(税別)は5万5000円から6万9000円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 水曜日のカンパネラ、プリウス試乗ソング「松尾芭蕉」[動画]

    水曜日のカンパネラ、プリウス試乗ソング「松尾芭蕉」[動画]

  2. タカタ製エアバッグのリコール、1000万個を修理…米国

    タカタ製エアバッグのリコール、1000万個を修理…米国

  3. 車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

    車中泊での一酸化炭素中毒から身を守る…ドッペルギャンガー、CO計測器を発売

  4. マツダ、世界生産台数が3か月連続マイナス 7月実績

  5. スバル富士重、世界生産台数が9か月ぶりのマイナス…国内稼働日数減少 7月実績

  6. スズキ、登録車好調も軽自動車販売は19か月連続のマイナス 7月実績

  7. マツダ ロードスター RF、発売記念車は得意客に優先販売…米国

  8. 日産の発信拠点、銀座にオープンへ…NISSAN CROSSING

  9. ジープ ラングラー 次期型、ボディパネルは自社製に…新工場で生産

  10. BMWブランドのPHV販売、西欧で好調 7月

アクセスランキングをもっと見る