【F1】バルセロナテスト開幕、マクラーレン・ホンダも初走行

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

いよいよ本格始動した2016年のF1、マクラーレン・ホンダも初走行を完了
  • いよいよ本格始動した2016年のF1、マクラーレン・ホンダも初走行を完了
  • いよいよ本格始動した2016年のF1、マクラーレン・ホンダも初走行を完了
  • セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は大きなセンサーをつけてコースイン
  • バルセロナテスト初日、王者ルイス・ハミルトンも登場
  • ダニエル・リチャルド(レッドブル)
  • バルテリ・ボッタス(ウイリアムズ)
  • トロ・ロッソは暫定カラーで登場
  • 今季からワークス復活するルノーもコースイン
スペインのバルセロナにあるカタロニア・サーキットで22日、2016年のF1プレシーズン合同テストが開幕。3月の開幕戦に向けて各チームが本格的に動き始めた。

現地のカタロニア・サーキットは、前夜に雨が降っていた模様で路面には少し濡れている部分も確認されているのと、各チームとも今回が初走行に近い状態のため、最初は雨用タイヤを装着してコースイン。完成したばかりの新しいマシンのチェックを行っている。

前日の21日に『MP4-31』を発表したマクラーレン・ホンダもコースオープンして間もなくコースイン。初日の走行を担当するジェンソン・バトンが1周のチェックを無事に終えた。この後、徐々に周回数を伸ばしていくものと思われる。

この他にも、初日は各チームのエースドライバーが続々登場。2年連続チャンピオンに輝いたルイス・ハミルトン(メルセデス)も順調に走行。セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)は、データ収集用の大きなセンサーをつけてコースインを果たしている。

今年は事前テストの日程が例年より少なく8日間のみ。開催地はいずれもカタロニア・サーキットのみで前半は22日~25日、後半は3月1日~4日までのスケジュールとなっている。

今シーズンの勢力図を占う意味でも、非常に重要となるテスト初日。チェッカーフラッグは日本時間の深夜になる予定だ。
《吉田 知弘》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品