【鈴鹿の名“対決”】セナ vs プロスト対決の出発点…1988年F1日本GP

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
  • 「鈴鹿の名
多くのF1ファンに今でも語り継がれているライバル対決といえば、やはり「アイルトン・セナvsアラン・プロスト」だ。その原点ともなったのが、この1988年シーズン。特に鈴鹿での日本GPはそのハイライトとなる1戦になった。

◆アイルトン・セナ vs アラン・プロスト

88年、マクラーレンはチーム体制を大幅に変更。2年連続でウイリアムズをチャンピオンに導いたホンダのターボエンジンを獲得。さらに成長著しいアイルトン・セナも加入し、85・86年王者のアラン・プロストとともに最強の布陣を築く。ドライバーズチャンピオンシップも2人による一騎打ちとなった。

優勝すれば最終戦でチャンピオンが決まるセナ。予選ではポールポジションを奪うもスタートでまさかのエンストを起こし、大きく後退してしまう。それでも執念の追い上げでポジションを回復していき、逃げるプロストを猛追。ついに27周目に彼を捉え、メインストレートとで並びかける。プロストも負けじとけん制するが、勢いがセナにあり1コーナーでついにトップ浮上。そのまま首位を守りきりゴールし、自身初のチャンピオンを決めた。

このシーズンは他にも2人のバトルが繰り広げられたが、今でも語られている象徴的なレースの一つとなった。

◆ネルソン・ピケ vs 中嶋悟

87年からF1にフル参戦を始めた中嶋悟。2度目の母国GPとなった鈴鹿の予選で、ファンを沸かせる走りをみせた。前年のチャンピオンであるネルソン・ピケがロータスに移籍。同じマシンを駆るチームメイトであるためチャンピオンと比較させることも少なくなかったが、鈴鹿での予選では彼と全く同じ1分43秒693のベストタイムをマーク。客席からも拍手が沸き起こった。

しかしルール上、先にタイムを計測し終えた方が順位的に優先されるため、最終的にピケが5位、中島が6位という予選結果に。グリッドポジションは後ろだったものの、難コースの鈴鹿で3度王者に輝いたピケに近づいた走りを見せたのだった。

◆アラン・プロスト vs イヴァン・カペリ

この年の日本GPでは、久しぶりに「ターボエンジンvsN/Aエンジン」のバトルにも注目が集まった。当時はターボエンジン勢が圧倒的に有利な状況。特にホンダエンジンを積んだマクラーレンが開幕戦から快進撃を続け、2人で全16戦中15勝をマークした。

そんな中、日本GPではN/Aのジャッドエンジンを積むイヴァン・カペリ(マーチ)が活躍。序盤から上位争いに加わると、16周目に周回遅れに引っかかったプロストの隙をつき一瞬トップに浮上した。その後すぐにプロストに抜き返され、直後にトラブルでリタイアとなってしまったが、ターボエンジン勢の前に一瞬だけN/Aがトップに躍り出た瞬間だった。


鈴鹿サーキットでは3月12・13日、「2016 モータースポーツファン感謝デー」が開催。今回のテーマは「対決」。様々なゲストや車両が登場し、バトルを繰り広げる。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

    ポルシェのルマン総集映像、トヨタに敬意[動画]

  2. 【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

    【ルマン24時間 2016】トヨタはなぜ勝てなかったのか…総まとめ

  3. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

    【サーキット美人2016】SUPER GT 編『SUBARU BRZ GT GALS BREEZE』

  4. 女子高生が S660 で超絶テク披露…史上最強の「試乗女子」

  5. 【鈴鹿8耐】Amazon、初のイベントブース出展…特集ページもオープン

  6. 超絶テク披露の試乗女子「実はドリフト走行、初めてです」

  7. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、5号車ストップの原因はターボ吸気ダクトの不具合

  8. 【ルマン24時間 2016】トヨタ、逸勝トラブルの真因究明中…今季WEC王座戦線のカギは信頼性か

  9. 【ルマン24時間 2016】1966年優勝の フォードGT、フルレストア

  10. 【ルマン24時間 2016】フォード GT 新型、初参戦でクラス優勝

アクセスランキングをもっと見る