JAL、CA出身の大川専務が女性初の代表取締役に就任 | レスポンス(Response.jp)

JAL、CA出身の大川専務が女性初の代表取締役に就任

航空 企業動向

日本航空(JAL)は、4月1日付けで客室乗務員出身の大川順子氏が取締役専務執行役員が代表権を持つと発表した。

同社の代表取締役に女性が就任するのは初めて。

大川氏は1979年にJALに入社、客室乗務員を経て2010年に、客室乗務員を統括する執行役員・客室本部長に就任、2012年に常務執行役員、2013年に同社として初の女性の取締役にに就任した。現在は、取締役・専務執行役員としてコーポレートブランド推進部を担当している。61歳。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品