【F1】新規参入のハース、チーム初のマシン『VF-16』を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

新規チームのハースが『VF-16』を発表
  • 新規チームのハースが『VF-16』を発表
  • 新規チームのハースが『VF-16』を発表
  • 新規チームのハースが『VF-16』を発表
  • 新規チームのハースが『VF-16』を発表
2016年からF1世界選手権に新しく参戦するハースF1チームが21日、陣営にとって1代目となるF1マシン『VF-16』を発表した。

アメリカに拠点を置くハース。元はNASCARシリーズなどでチームを運営していたジーン・ハースが立ち上げたチーム。かつてインディカーなどで活躍したニューマン・ハース・レーシングとはつながりがなく、F1へは完全な新規参入となる。パワーユニットはフェラーリ製のものを使う。

ドライバーはロータスで長年活躍してきたロマン・グロージャンがエースとして加入。チームメイトにはフェラーリのリザーブドライバーを務めていたエステバン・グティエレスがすでに決定している。

今回、ホームページ上で公開された『VF-16』。カラーリングはチームカラーをそのまま採用し、ダークグレー、ライトグレー、赤がベースのデザイン。両サイドにはチームの本拠地があるアメリカ国旗も確認される。外観の形状は「ショートノーズ」など現在の主流になっているものを採用。近年、新規チームや下位チームは資金面が影響し、開幕直前までマシンが間に合わなかったり、マシンの戦闘力も十分に整わなかったりする場面もあったが、今回のハースはバルセロナテスト前日までにきっちりマシンを整えてきた。

予定では22日の初日からテストに参加するとのこと。どんな走りを見せるのか、目が離せない。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】12時間経過:雹が降り赤旗中断、波乱の展開も日本勢は力強く周回

    【ニュル24時間 2016】12時間経過:雹が降り赤旗中断、波乱の展開も日本勢は力強く周回

  2. 【F1 モナコGP】ダニエル・リチャルドが初のポールポジションを獲得

    【F1 モナコGP】ダニエル・リチャルドが初のポールポジションを獲得

  3. 【第100回 INDY500】 佐藤琢磨「フィーリングがぜんぜん着いて来ない」…カーブ・デイ

    【第100回 INDY500】 佐藤琢磨「フィーリングがぜんぜん着いて来ない」…カーブ・デイ

  4. 浅間ヒルクライム2016開催、60年代モデルから最新マクラーレンまで120台が走る…29日まで

  5. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『GAINER Sucre』

  6. 【第100回 INDY500】カーブ・デイ、トニー・カナーンが最速! 琢磨は15番手

  7. 【ニュル24時間 2016】9号車メルセデスAMGがポールポジション、日本勢もクラス優勝ねらう

  8. GP2シリーズ参戦2年目の松下信治、モナコ第2レースで今季初優勝

  9. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『レーシング ミク サポーターズ 2016』

  10. 【第100回 INDY500】ピットストップ・コンペティション、カストロネベスが8回目の優勝…琢磨は初戦敗退

アクセスランキングをもっと見る