旭化成、メキシコで樹脂コンパウンド事業強化…現地法人開所式

自動車 ビジネス 企業動向

旭化成ケミカルズは2月12日、メキシコに設立した現地法人、旭化成プラスチックスメキシコの開所式を行った。

開所式には、政府関係者、取引先など、メキシコ、アメリカ、日本から約70名が出席。メキシコには、日系および欧米系の自動車関連メーカーが進出。メキシコの自動車産業は、急速に拡大している。

そんな中、旭化成ケミカルズは、樹脂コンパウンド製品の需要拡大が見込まれるメキシコでの事業拡大を図るため2015年9月、旭化成プラスチックスメキシコでの樹脂コンパウンド販売や、顧客への技術サポートなどの事業活動を開始した。

旭化成ケミカルズは、樹脂コンパウンド事業のグローバル展開を重要な戦略と位置付け、日本、アジア(中国・ASEAN)、北米、欧州で樹脂コンパウンド製造拠点および販売拠点を展開。顧客ニーズに迅速に対応できるグローバルネットワークを強化している。

また、現地の需要、顧客のニーズにきめ細かく対応するため、マーケティング活動や技術サービスに当面注力。メキシコでのシェアアップを目指すとともに、製造拠点の検討も進めていく。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

    トヨタ プリウス TRDパーツ…空力性能を高め走りを追求[写真蔵]

  2. イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

    イギリスEU離脱…影響される日本企業343社

  3. 【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

    【ものづくりワールド16】松浦機械製作所のハイブリッド金属3Dプリンタ…人だかりの理由

  4. ランボルギーニ ガヤルド、生産終了…10年の歴史に幕

  5. ファミリー派も納得、ミニバンの走りに安定感を…HKSのアル/ヴェル用新サスペンション「ハイパーマックス G」

  6. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  7. 英マクラーレンのスーパーカー、MP4-12C が生産終了へ…3年の歴史に幕

  8. 自動車ブランドのサーブ、消滅へ…70年の歴史に幕

  9. 日産 ムラーノ 新型、ロシアで現地生産を開始

  10. 日産 スカイライン のリコール、米国に拡大…次世代ステアリングに不具合

アクセスランキングをもっと見る