【F1】メルセデス、2016年マシン「W07 hybrid」を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

メルセデスの2016F1マシン『W07 Hybrid』
  • メルセデスの2016F1マシン『W07 Hybrid』
  • メルセデスの2016F1マシン『W07 Hybrid』
  • メルセデスの2016F1マシン『W07 Hybrid』
F1世界選手権に参戦するメルセデスは21日、ホームページ上で2016年型のF1マシン『W07 Hybrid』を発表した。

2014年から導入された新規定以降、圧倒的な強さを見せているメルセデス。今年もベースはほとんど変わっていない様子で、外観もフロントウイングなどの細かい空力パーツが見直されている程度。ただ、前後ウイングのエンドプレートが黒色に変更されたことにより、昨年までの “シルバー・アロー”とは異なった印象を受ける。

メルセデスAMGのエグゼクティブディレクターを務めるパディ・ロウは「昨年は良い結果を出すことができたが、シンガポールGPなどいくつかのレースではプラン通りに進まなかった。だからまだまだ2016年に向けて向上できる箇所はたくさんある。すべての箇所が最適化を目指し、模索している」とコメント。王者だからと手を抜くのではなく、さらに完璧なマシンを求めて今回開発された模様だ。

すでにチームはイギリスのシルバーストンでシェイクダウンテストを終えており、予定では22日からの公式テストで初めて公の場にマシンが登場することになる。

2年連続でドライバーズ、コンストラクターズの2冠を勝ち取ったメルセデス。今年は3連覇を目指し、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの布陣で臨む。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

    【サーキット美人2016】鈴鹿8耐『CLEVER WOLF レースクイーン』

  2. スズキ、二輪車世界耐久選手権で年間チャンピオン獲得…2年連続15回目

    スズキ、二輪車世界耐久選手権で年間チャンピオン獲得…2年連続15回目

  3. 世界からも注目される、日本生まれの異端児たち…『月刊自家用車』10月号

    世界からも注目される、日本生まれの異端児たち…『月刊自家用車』10月号

  4. レクサス F オーナー向けドライビングレッスン 富士で9月23日

  5. 【SUPER GT 第6戦】スバル WRX S4 tS コンセプトを展示

  6. 【新聞ウォッチ】三菱航空機の「MRJ」空調トラブルで2日連続の引き返し

  7. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『Vivacious girls』

  8. スズキ、二輪のルマン24時間で優勝…2位カワサキに7周差

  9. 【SUPER GT 第6戦】GT500決勝…レクサス逆襲の1-2、立川祐路&石浦宏明が鈴鹿1000kmを制覇

  10. サーキットが熱く“萌え”上がった「第9回 茂原 de 痛車」

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら