【F1】メルセデス、2016年マシン「W07 hybrid」を発表

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

メルセデスの2016F1マシン『W07 Hybrid』
  • メルセデスの2016F1マシン『W07 Hybrid』
  • メルセデスの2016F1マシン『W07 Hybrid』
  • メルセデスの2016F1マシン『W07 Hybrid』
F1世界選手権に参戦するメルセデスは21日、ホームページ上で2016年型のF1マシン『W07 Hybrid』を発表した。

2014年から導入された新規定以降、圧倒的な強さを見せているメルセデス。今年もベースはほとんど変わっていない様子で、外観もフロントウイングなどの細かい空力パーツが見直されている程度。ただ、前後ウイングのエンドプレートが黒色に変更されたことにより、昨年までの “シルバー・アロー”とは異なった印象を受ける。

メルセデスAMGのエグゼクティブディレクターを務めるパディ・ロウは「昨年は良い結果を出すことができたが、シンガポールGPなどいくつかのレースではプラン通りに進まなかった。だからまだまだ2016年に向けて向上できる箇所はたくさんある。すべての箇所が最適化を目指し、模索している」とコメント。王者だからと手を抜くのではなく、さらに完璧なマシンを求めて今回開発された模様だ。

すでにチームはイギリスのシルバーストンでシェイクダウンテストを終えており、予定では22日からの公式テストで初めて公の場にマシンが登場することになる。

2年連続でドライバーズ、コンストラクターズの2冠を勝ち取ったメルセデス。今年は3連覇を目指し、ルイス・ハミルトンとニコ・ロズベルグの布陣で臨む。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿8耐】ヤマハ・ファクトリーが唯一の2分06秒台で予選トップタイムを記録

    【鈴鹿8耐】ヤマハ・ファクトリーが唯一の2分06秒台で予選トップタイムを記録

  2. 【鈴鹿8耐】優勝候補ヤマハのローズが転倒…公式予選1回目

    【鈴鹿8耐】優勝候補ヤマハのローズが転倒…公式予選1回目

  3. 隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

    隅田川花火大会、首都高速が一部通行止め 7月30日

  4. ホンダ NSX 新型のGT3レーサー、初の公開テストへ

  5. 美しすぎるレーシングドライバー、塚本奈々美さんのドリフトに密着[動画]

  6. 【鈴鹿8耐】ピットウォークではニッキー・ヘイデンに長蛇の列

  7. 【鈴鹿8耐】熊本から3チームがに参戦「被災地での明るい話題になれば嬉しい」

  8. 【オートモビルカウンシル】スバルのテーマは「ボクサーエンジン50周年」

  9. 【SUPER GT】2017年の開催日程が明らかに…九州オートポリス戦も復活

  10. 【スーパー耐久】本山哲が9月富士戦にフェアレディZで参戦…8月3日のテストにも登場

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら