【ブリヂストン プレイズ PX】疲れにくいタイヤのウェット性能を試す…楽しければ疲れない? | レスポンス(Response.jp)

【ブリヂストン プレイズ PX】疲れにくいタイヤのウェット性能を試す…楽しければ疲れない?

自動車 ビジネス 国内マーケット

Playz PXのウェットコースでの試乗走行
  • Playz PXのウェットコースでの試乗走行
  • Playz PXのウェットコースでの試乗走行
  • Playz PXのウェットコースでの試乗走行
  • Playz PXのウェットコースでの試乗走行
  • Playz PXのウェットコースでの試乗走行
ブリヂストンが8日に発表した「Playz PX」のコンセプトは「疲れにくいタイヤ」だ。タイヤの直進安定性と応答性能を上げることで運転中の余分なハンドル操作を少なくしてドライバーのストレスを抑えることで「疲れにくさ」を目指したという。

近年のタイヤ性能のトレンドに合わせ、低燃費性能やウェット性能を損なうことなく、この「疲れにくさ」を実現しているというPXシリーズは、転がり抵抗とウェットブレーキ性能は「ECOPIA EX20」と同等の性能を満たしている。そのうえで、タイヤの応答性能や耐摩耗性能はEX20より高くなっているという。

PXシリーズの発表に合わせて行われた、プレス向けの体験試乗会では、ウェット性能を比較体験するためのコースも設けられた。実際、どの程度違うのだろうか。比較に用意された車種は、レクサス『CT200h』、日産『セレナ』。それぞれがPX(195/65R15)、PX-RV(195/65R15)を装着する。比較タイヤは同じ車両でそれぞれがECOPIA EX20、EX20RVとなっている。

ウェットの周回路は設定速度もそれほど高くないため、EX20との違いは微妙だ。ウェット性能はEX20と同等としているので、当然なのだが、それでも試乗して感じるのはステアリングにたいする応答性の高さ、素直さだ。車の動きに関しては動画をみていただいたほうが早いかと思うが、コーナリング時やスラロームなどしてみても、動きがスムーズでハンドル操作なりの動きをしてくれるので、ついスピードが上がってしまう。

テストコースということもあり、ウェット路なのにあまりストレスを感じない。EX20もウェット性能はなかなかのもので、通常の利用には十分なのだが、PXはさらに思ったとおりに車が動いてくれるので、ウェットなのに軽快感がある。


《中尾真二》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品