【ホンダ アフリカツイン】完全新設計のオフローダー、DCT仕様も

モーターサイクル 新型車

CRF1000L Africa Twin パールグレアホワイト(トリコロール)。前後タイヤはオフロード走行用に交換されている。
  • CRF1000L Africa Twin パールグレアホワイト(トリコロール)。前後タイヤはオフロード走行用に交換されている。
  • CRF1000L Africa Twin パールグレアホワイト(トリコロール)。前後タイヤはオフロード走行用に交換されている。
  • CRF1000L Africa Twin パールグレアホワイト(トリコロール)。前後タイヤはオフロード走行用に交換されている。
  • CRF1000L Africa Twin パールグレアホワイト(トリコロール)。前後タイヤはオフロード走行用に交換されている。
  • CRF1000L Africa Twin パールグレアホワイト(トリコロール)。前後タイヤはオフロード走行用に交換されている。
  • CRF1000L Africa Twin パールグレアホワイト(トリコロール)。前後タイヤはオフロード走行用に交換されている。
  • CRF1000L Africa Twin パールグレアホワイト(トリコロール)。前後タイヤはオフロード走行用に交換されている。
  • CRF1000L Africa Twin パールグレアホワイト(トリコロール)。前後タイヤはオフロード走行用に交換されている。
昨秋の東京モーターショーで、本邦初披露となったニュー・アフリカツイン。『CRF1000L アフリカツイン』として2月22日、ついに国内仕様車が発売される。

ホンダはメディア向け試乗会をモトスポーツランドしどき(福島県いわき市)にて開催。そこにはLEDデュアルヘッドライトを備えたフェアリングを持つ真新しい新時代のアフリカツインが待っていた。

エンジンもフレームも完全新設計。新開発のスチール製セミダブルクレードルフレームに、『CRF450Rなど』レーシングマシンで培ったノウハウを活かすユニカムバルブトレイン機構を採用する排気量998ccのパラレルツインエンジンを搭載。270度位相クランクシャフトと2軸1次バランサーにより、卓越したトラクション性能を実現するとともに、心地良いパルス感を生み出すことに成功している。

前後ホイールはフロント21、リア18インチで、フロントフォークはインナーチューブ径45mm径の倒立式。リアサスペンションもダイヤル式油圧プリロードアジャスターを装備した。

特筆すべきは、デュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)仕様車の設定だ。クラッチレバーとシフトチェンジペダルがないオートマチック車感覚で乗れるDCTをオフロード車に採用するとは、正直なところ意外だ。

しかしこれにホンダは絶対の自信を見せる。ハンドスイッチで任意にギヤを選択できる「MTモード」も備えるが、良好な燃費性能と快適なクルージングを最適なバランスで実現する「Dモード」、あるいはスポーティな走りを追求した「Sモード」では、ライダーはシフトチェンジやクラッチ操作から解放され、より快適に、よりハードな走りが体感できる。

ホンダは昨年11月に南アフリカにて、CRF1000L アフリカツインのメディア向け試乗会をおこなったが、そのときも「オフロードにDCTが必要あるのか…!?」と、乗車前の参加者らは懐疑的であったが、体験後には口々に「素晴らしい!」という声が聞かれたという。

車体色はデジタルシルバーメタリック、ヴィクトリーレッド、パールグレアホワイト(トリコロール)の3色。CRF1000L アフリカツイン<ABS>のシルバーが税込み135万円、赤およびトリコロールが138万2400円。CRF1000L アフリカツイン<DCT>シルバーは145万8000円、赤およびトリコロールが138万2400円。149万400円となっている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  2. バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

    バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

  3. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

    ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  4. 「ハーレーは“イケてる女”」UFCファイターの石原“夜叉坊”暉仁&スワンソン選手、新型発表会に乱入!?

  5. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  6. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  7. 軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

  8. 【東京モーターサイクルショー16】高級バイクがずらり、最高価格はなんと1360万円…モトコルセ

  9. 台湾の二輪車メーカー「キムコ」が日本市場に参入…7モデルを投入

  10. カスタマーにワオ!届けたい…本邦初公開のハーレー ロードスター で“熱い夜”を体験

アクセスランキングをもっと見る