【F1】松下信治、マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーに就任

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーに就任した松下信治
  • マクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーに就任した松下信治
  • マクラーレン・ホンダ
マクラーレン・ホンダは20日、GP2シリーズに参戦中の松下信治を今季のF1テスト兼開発ドライバーに起用することを発表した。

2011年に鈴鹿サーキットレーシングスクール・フォーミュラ(SRS-F)を首席で卒業後、順調にステップアップし2014年には全日本F3選手権でシリーズチャンピオンを獲得した松下。昨年からはF1直下のカテゴリーとして知られるGP2シリーズに参戦。参戦1年目から1勝を挙げ、計3回の表彰台を獲得。ランキングは9位だった。

今季は引き続きARTグランプリからGP2を戦うとともにマクラーレン・ホンダのテスト兼開発ドライバーとしてシミュレーターなどでのデータ収集を担当。機会があれば実走行テストの可能性もあるだろう。またチームの一員としてレースに帯同することにもなりそう。こうして日本人ドライバーがF1チームの一員として加わるのは2014年の小林可夢偉以来となる。

松下は「今回、名門チームであるマクラーレン・ホンダの一員になることができ、とても嬉しいです。幼い頃からずっと憧れていたF1の世界に足を踏み入れることは、私にとって大きな意味を持ちます」と心境を語った。

可夢偉がF1を離れて以降は日本人ドライバーの候補がいない状況だったが、今回の松下の起用により再び世界最高峰の舞台に日本人ドライバーが戻ってくる可能性が、少し出てきたのかもしれない。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【ニュル24時間 2016】12時間経過:雹が降り赤旗中断、波乱の展開も日本勢は力強く周回

    【ニュル24時間 2016】12時間経過:雹が降り赤旗中断、波乱の展開も日本勢は力強く周回

  2. 【F1 モナコGP】ダニエル・リチャルドが初のポールポジションを獲得

    【F1 モナコGP】ダニエル・リチャルドが初のポールポジションを獲得

  3. 【第100回 INDY500】 佐藤琢磨「フィーリングがぜんぜん着いて来ない」…カーブ・デイ

    【第100回 INDY500】 佐藤琢磨「フィーリングがぜんぜん着いて来ない」…カーブ・デイ

  4. 浅間ヒルクライム2016開催、60年代モデルから最新マクラーレンまで120台が走る…29日まで

  5. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『GAINER Sucre』

  6. 【ニュル24時間 2016】9号車メルセデスAMGがポールポジション、日本勢もクラス優勝ねらう

  7. 【第100回 INDY500】カーブ・デイ、トニー・カナーンが最速! 琢磨は15番手

  8. 【サーキット美人2016】SUPER GT 編『レーシング ミク サポーターズ 2016』

  9. GP2シリーズ参戦2年目の松下信治、モナコ第2レースで今季初優勝

  10. 【第100回 INDY500】ピットストップ・コンペティション、カストロネベスが8回目の優勝…琢磨は初戦敗退

アクセスランキングをもっと見る