『仮面ライダー1号』藤岡弘、最後の変身

モーターサイクル エンタメ・イベント

『仮面ライダー1号』(C)2016「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • 『仮面ライダー1号』(C)2016「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • 『仮面ライダー1号』-(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 -(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • 『仮面ライダー1号』-(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 -(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • 『仮面ライダー1号』-(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 -(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • 映画『仮面ライダー1号』(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • 映画『仮面ライダー1号』(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 (C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
  • 『仮面ライダー1号』-(C)「仮面ライダー1号」製作委員会 -(C)石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映
変身ヒーローブームの火付け役となった「仮面ライダー」シリーズを、藤岡弘、の再演で映画化する『仮面ライダー1号』。この度、変身シーンやアクションシーンが収められた本作の待望の予告編が解禁された。

いまから45年前、男は悪の秘密結社ショッカーの手によって改造人間にされた。あの日以来、人間の自由を守るため、男は戦い続けている。彼の名は、本郷猛。この世に誕生した、最初の仮面ライダーである。長年にわたり、海外で悪と戦ってきた猛は、ひとりの少女の危機を知り、急遽帰国する。少女の存在が、かつての最高幹部・地獄大使を復活させるために不可欠なのだ。猛は、ショッカーが少女を狙う理由を探っていた仮面ライダーゴースト=天空寺タケルや、その仲間たちと出会う。しかし、あまりにも過酷な日々を過ごしてきた猛の肉体は、すでに限界へと近づいていた。少女の危機、そして新たな組織・ノバショッカーがもたらす日本の最大の危機に、伝説の戦士・本郷猛が「変身」する。闘い続けてきた本郷猛を待つものは安らぎか、それとも…。

「仮面ライダー」の放送が開始された1971年より時を越え、45周年記念作品として満を持して送り出される本作 。元日の映画化決定発表に続き、藤岡さんの1号/本郷猛役続投決定 、さらにパワーアップした仮面ライダー1号と愛車・ネオサイクロン号の実写ビジュアルが解禁されるなど、次々発表される話題に盛り上がりをみせている。さらに本郷猛のバイクの師匠であり、本郷猛の支援者である“おやっさん”こと立花藤兵衛の孫・立花麻由役に岡本夏美、シリーズきっての悪役として人気を博したキャラクターである地獄大使役に大杉漣など、本作に縁の深い俳優陣がキャステイングされ、ますます期待値が高まっている。

そんな話題沸騰中の本作からついに予告編が到着。映像では、藤岡さん演じる本郷猛が懐かしの立花モーターズの倉庫に入るシーンから始まる。写真を見つけ、「おやっさん、帰ってきたよ」と語りかける本郷。するとそこには、立花藤兵衛ことおやっさんが本郷猛のために遺したネオサイクロン号の姿があった。おやっさんの想いを胸にネオサイクロン号に乗り出撃する本郷の姿は、往年のファンにはたまらない映像だ。



また、世界中で悪の秘密結社ショッカーと戦い続けてきた本郷が、45年の時を超え最後の変身ポーズも披露。時を経てパワーアップした変身ポーズは、掛け声や切れ味ともに45年前を凌駕しているといっても過言ではないほどの迫力! 本郷の生身のアクションも披露され、45年の時を感じさせない身のこなしも見ることができる。

『仮面ライダー1号』は3月26日(土)より全国にて公開。

【予告編】藤岡弘、最後の変身ポーズを披露!『仮面ライダー1号』

《cinemacafe.net》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

    ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  2. 富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

    富士山麓がハーレーで埋め尽くされた1日…ブルースカイヘブン

  3. ラビットヘッドをあしらった「プレイボーイ」コラボメット発売

    ラビットヘッドをあしらった「プレイボーイ」コラボメット発売

  4. KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

  5. カスタマーにワオ!届けたい…本邦初公開のハーレー ロードスター で“熱い夜”を体験

  6. ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」、ついにロッシとご対面[動画]

  7. 【人くるまのテクノロジー16】エリーパワー、二輪車の始動用バッテリーケースに東レの樹脂を採用

  8. 【ドゥカティ スクランブラー SIXTY2 試乗】扱いやすさのなかにスポーティさがしっかり…青木タカオ

  9. モトグッツィ、V9ボバー を日本導入…先行受注を開始

  10. 【ホンダ アフリカツイン】足着きに不安ならローシートを…オプションパーツも充実

アクセスランキングをもっと見る