メルセデスのディーゼル車、米国で集団訴訟…排ガス性能に虚偽の疑い

自動車 ビジネス 企業動向

メルセデスベンツSクラスのS350ブルーテック
  • メルセデスベンツSクラスのS350ブルーテック
  • メルセデスベンツ・GL350ブルーテック 4マチック
  • メルセデスベンツ・ML350ブルーテック 4マチック
ドイツの高級車、メルセデスベンツ。同社が米国で販売した一部ディーゼル車について、排出ガス性能に虚偽の疑いがあるとして、集団訴訟が起こされた。

これは2月18日、米国のハーゲンス・バーマン法律事務所が明らかにしたもの。「メルセデスベンツ車のオーナーの代理人として、メルセデスベンツを相手取り、ニュージャージー州の裁判所に集団訴訟を起こした」と発表している。

ハーゲンス・バーマン法律事務所が問題視しているのは、メルセデスベンツの「ブルーテック」ディーゼル搭載車。同事務所によると、排出ガス中のNOX(窒素酸化物)の実際の排出量は、米国EPA(環境保護局)認定値の最大65倍にも達するという。

このブルーテックディーゼルは、米国では8車種が搭載。『Mクラス』、『GLクラス』、『Eクラス』、『Sクラス』、『Rクラス』、『GLKクラス』、『GLEクラス』、『スプリンター』が該当する。

ハーゲンス・バーマン法律事務所は、「あなたのクリーンディーゼル車は、法令基準を上回る有害物質を放出している」とコメントした。
《森脇稔》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品