フィリピン航空、A350XWBを6機発注

航空 企業動向

フィリピン航空は2月17日、エアバスとA350-900型機6機を発注する覚書を締結した。

発注規模は6機のほかに、オプション契約が6機。覚書の締結はシンガポール航空ショー(開催期間は16日~21日)において、フィリピン航空のハイメ・バウティスタ社長兼最高執行責任者(COO)とエアバスのファブリス・ブレジエ社長兼最高経営責任者(CEO)が行った。

フィリピン航空のA350-900はビジネスクラス、プレミアムエコノミー、レギュラーエコノミーの3クラス制。満席(300席以上)でマニラ=ニューヨーク線をノンストップで飛行する能力があり、同社は新規の北米・欧州線に投入する計画。初号機の受領は2018年中を予定している。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. スカイマーク、「また乗りたいね!」推進室を新設

    スカイマーク、「また乗りたいね!」推進室を新設

  2. エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

    エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

  3. シンガポール航空、サンフランシスコ直行便を開設へ…シンガポール-LA間は増便

    シンガポール航空、サンフランシスコ直行便を開設へ…シンガポール-LA間は増便

  4. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  5. 羽田の国際枠拡大で経済効果は年6500億円…国交省試算

  6. 【夏休み】成田国際空港、ワンデイ・サマースクールを実施…ANA訓練施設で職業体験も

  7. ボンバルディア、CRJ900型機10機の受注が確定…顧客名は非公表

  8. 【静岡ホビーショー16】タミヤ、新作「1/48 F-14A トムキャット」を会場発表

  9. 三菱重工、MRJ向け部品の表面処理・塗装工場を新設へ…トヨタ系サプライヤーとの合弁

  10. 国土交通省、羽田空港の新しい飛行経路案の一部を修正…住民説明会の結果

アクセスランキングをもっと見る