右折直後に路外へ逸脱、複数回の衝突で同乗者が即死

自動車 社会 社会

14日午後7時10分ごろ、京都府京都市内の国道367号を走行中の乗用車が交差点を右折した際に路外へ逸脱。道路左側の歩道へ乗り上げ、街路樹などに衝突する事故が起きた。この事故で1人が死亡。警察は運転していた27歳の男を逮捕している。

京都府警・下京署によると、現場は京都市下京区悪王子町付近で片側2車線の直線区間。乗用車は約50m離れた交差点から右折した直後に路外へ逸脱。道路左側の歩道へ乗り上げ、街路樹や街路灯柱に衝突した後、ビルの外壁に突っ込んで止まった。

複数回の衝突でクルマは中破。助手席に同乗していた27歳の女性が頭部強打で即死した。クルマを運転していた南区内に在住する27歳の男も骨折などの重傷を負ったが、警察は男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失致死)の現行犯で逮捕している。

現場は見通しの良い直線区間。聴取に対して男は「ハンドル操作を誤った」などと供述しているようだ。警察では速度を維持したまま強引に右折したことでコントロールを失った可能性があるとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品