ヤマハ ビーウィズ、排気系を見直しパワーアップ…外装は新色に

モーターサイクル 新型車

ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
ヤマハの原付1種スクーター『ビーウィズ YW50F』が、マイナーチェンジだ。排気系を見直して、エンジンパワーとトルクを向上。SUV感覚の機敏な走りに、ますます磨きをかけた。

そして燃費性能も向上。これは新ECUやO2フィードバック制御の導入などに加え、FIシステムの変更によるもの。水冷4ストローク3バルブエンジンが、さらにパワフルになって環境にも配慮した。

ビーウィズならではの丸目デュアルヘッドライトや、120mm幅の前後ファットタイヤは相変わらずで、見るからにタフネス。この存在感、オリジナリティあるボディは、「人と同じじゃつまらない」という若者にはうってつけだろう。

遊びゴコロを刺激するスタイルだが、機能性も犠牲になっていない。余裕あるフットスペースを持ち、使いやすいリアキャリアも装備。シート下のトランクは容量約23リットルとゆとりがあり、ホルダーにヘルメットを外掛けすることもできる。インナーポケットには500ミリリットルのペットボトルが収まり、折りたたみ式コンビニフックも備える。

車体色も新しい。ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)とマットチタンの2色から選べ、税込み価格は23万2200円。2月15日より新発売されている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

    【人とくるまのテクノロジー16】“エメラルドカラー”が二輪サスの新シンボルに…ショーワ

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  4. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  5. バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

  6. 軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

  7. ハーレー スポーツスターファミリーの新モデル「ロードスター」発売

  8. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  9. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  10. ホンダ CBR400R、スピード感あふれる外観に刷新…新型LEDヘッドライト採用

アクセスランキングをもっと見る