ヤマハ ビーウィズ、排気系を見直しパワーアップ…外装は新色に

モーターサイクル 新型車

ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
ヤマハの原付1種スクーター『ビーウィズ YW50F』が、マイナーチェンジだ。排気系を見直して、エンジンパワーとトルクを向上。SUV感覚の機敏な走りに、ますます磨きをかけた。

そして燃費性能も向上。これは新ECUやO2フィードバック制御の導入などに加え、FIシステムの変更によるもの。水冷4ストローク3バルブエンジンが、さらにパワフルになって環境にも配慮した。

ビーウィズならではの丸目デュアルヘッドライトや、120mm幅の前後ファットタイヤは相変わらずで、見るからにタフネス。この存在感、オリジナリティあるボディは、「人と同じじゃつまらない」という若者にはうってつけだろう。

遊びゴコロを刺激するスタイルだが、機能性も犠牲になっていない。余裕あるフットスペースを持ち、使いやすいリアキャリアも装備。シート下のトランクは容量約23リットルとゆとりがあり、ホルダーにヘルメットを外掛けすることもできる。インナーポケットには500ミリリットルのペットボトルが収まり、折りたたみ式コンビニフックも備える。

車体色も新しい。ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)とマットチタンの2色から選べ、税込み価格は23万2200円。2月15日より新発売されている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

    バイクETC車載器助成、可能台数のカウンター表示を取りやめ…NEXCO

  2. ベスパ、スプリント150/プリマベーラ125 の2016年モデル発売…新型エンジンとABS搭載

    ベスパ、スプリント150/プリマベーラ125 の2016年モデル発売…新型エンジンとABS搭載

  3. 電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

    電動スクーター バイクル L6 発売、低シート高の軽量モデル

  4. 二輪車輸出実績、欧州向けが2か月連続で4割増…5月

  5. 川崎重工、モーターサイクル&エンジンカンパニーに「効率化推進部」を新設

  6. 最新のオフロード白バイを激写…ヤマハ セロー250 ベースの災害用車両[写真蔵]

  7. ミツバサンコーワ、二輪車用初のGPS搭載ETC2.0車載器を発売

  8. BSスカパー!カスタム番組、バイきんぐ 小峠英二と愛車トライアンフ登場

  9. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  10. カワサキ W800、生産終了へ…ファイナルエディション発売

アクセスランキングをもっと見る