ヤマハ ビーウィズ、排気系を見直しパワーアップ…外装は新色に

モーターサイクル 新型車

ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
  • ビーウィズ YW50Fの新色、マットチタン。
ヤマハの原付1種スクーター『ビーウィズ YW50F』が、マイナーチェンジだ。排気系を見直して、エンジンパワーとトルクを向上。SUV感覚の機敏な走りに、ますます磨きをかけた。

そして燃費性能も向上。これは新ECUやO2フィードバック制御の導入などに加え、FIシステムの変更によるもの。水冷4ストローク3バルブエンジンが、さらにパワフルになって環境にも配慮した。

ビーウィズならではの丸目デュアルヘッドライトや、120mm幅の前後ファットタイヤは相変わらずで、見るからにタフネス。この存在感、オリジナリティあるボディは、「人と同じじゃつまらない」という若者にはうってつけだろう。

遊びゴコロを刺激するスタイルだが、機能性も犠牲になっていない。余裕あるフットスペースを持ち、使いやすいリアキャリアも装備。シート下のトランクは容量約23リットルとゆとりがあり、ホルダーにヘルメットを外掛けすることもできる。インナーポケットには500ミリリットルのペットボトルが収まり、折りたたみ式コンビニフックも備える。

車体色も新しい。ディープパープリッシュブルーメタリックC(ブルー)とマットチタンの2色から選べ、税込み価格は23万2200円。2月15日より新発売されている。
《青木タカオ》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. 「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

    「ダサいってイジられないから安心!」井戸田潤…ハーレーの復興チャリティ

  2. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…元MotoGPチャンプ加入、MuSASHi RT HARC-PRO.

    【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…元MotoGPチャンプ加入、MuSASHi RT HARC-PRO.

  3. TRICK STARが2017年世界耐久選手権にフル参戦---チャンピオン獲得宣言

    TRICK STARが2017年世界耐久選手権にフル参戦---チャンピオン獲得宣言

  4. ホンダ CBR250RR、新開発エンジンを搭載…インドネシア合弁会社が発表

  5. 300台のハーレーが阿蘇に集結! 復興願う

  6. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…ZX-10R で表彰台が見えてきたTeam GREEN

  7. 【鈴鹿8耐】スタートフラッグを振るハリウッドスターは誰だ?…噂

  8. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…通算5勝目を狙うヨシムラ スズキ Shell ADVANCE

  9. 【鈴鹿8耐】勝つのはどのチーム?…史上最強、YAMAHA FACTORY RACING TEAM

  10. 中学生のマイナー競技にもスポットライトを...馳浩文科相

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら