【リコール】BMW C650GT など、リアブレーキホースが損傷するおそれ

モーターサイクル 企業動向

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は5月22日、メガスクーター BMW『C650GT』などのブレーキホースに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、『C600スポーツ』と『C650GT』の2車種で、2012年2月24日~2015年4月29日に製造された計1288台。

フロントブレーキホースを保護するカバーの材質および長さが不適切なため、ハンドル操作によって、保護カバーが支点となり、ブレーキホースに負荷が掛かるものがある。そのため、そのまま使用を続けると、繰り返しの負荷によりブレーキホースが損傷し、最悪の場合、ブレーキオイルが漏れ、制動力が低下するおそれがある。

改善措置として、全車両、対策品のブレーキホースに交換する。

不具合は1件発生、事故は起きていない。市場およびドイツ本国からの情報により発見した。
《纐纈敏也@DAYS》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品