フィジー・エアウェイズ、シンガポール・セブンズのオフィシャルエアラインに

航空 企業動向

フィジー・エアウェイズは2月15日、男子7人制ラグビーの国際大会、HSBCワールドラグビー・シンガポール・セブンズ2016のオフィシャルエアラインになると発表した。

シンガポール・セブンズ2016(4月16日~17日)は、世界の上位16カ国が競うワールドラグビー・セブンズ・シリーズ2015-16の第8戦に当たる。シンガポールは東南アジアで唯一、グローバルなラグビーサーキットのホスト国を務める。なお、フィジー・エアウェイズは4月5日からナンディとシンガポールをノンストップで結ぶ便を開設する。

フィジーはワールドラグビー・セブンズ・シリーズ2014-15のチャンピオン。7人制ラグビーが初めて正式競技となるリオデジャネイロ五輪の優勝候補に挙げられる同国は、前回2006年のシンガポール・セブンズもディフェンディング・チャンピオンとして参加している。
《日下部みずき》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

    東レ、炭素繊維トレカを使用したプリプレグをエアバス機に初供給…A380に採用

  2. エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

    エア・カナダ、トロント=アボッツフォード線の季節運航を再開

  3. 24年ぶりの直行便就航…エア・セルビアがベオグラード=ニューヨーク線を開設

    24年ぶりの直行便就航…エア・セルビアがベオグラード=ニューヨーク線を開設

  4. スカイマーク、「また乗りたいね!」推進室を新設

  5. MRJ、エンジン空中停止や片エンジンなどの飛行試験を実施…三菱航空機

  6. アメリカ軍のステルス戦闘機F-22、横田基地へ計14機が飛来

  7. LCC初の B787 でゴールドコーストへ行ってみた…豪 B787 担当者「疲労感が違う」

  8. ANA、羽田=NY/シカゴ線や成田=メキシコ直行便を就航…北米・中南米ネットワークを拡充

  9. JAL、客室乗務員が「最高の笑顔」のデジタル化に協力

  10. ボンバルディア、CRJ900型機10機の受注が確定…顧客名は非公表

アクセスランキングをもっと見る