メルセデスベンツのNEXTDOOR、「クルマ展示なしもOK?」な情報発信地に

自動車 ビジネス 企業動向

メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
メルセデス・ベンツ日本は、東京六本木にあるメルセデスベンツコネクション隣接スペースに、メルセデスベンツコネクションNEXTDOORを開設。その第1弾としてSUVをメインに体験できるSUVエクスペリエンスを開催する。

「メルセデスベンツコネクションを開設し、今年で5年。改めてもっと深くメルセデスベンツを知ってもらうためにはどうしたらいいかという議論を社内でしていた」とは、同社カスタマー・エクスペリエンス部メルセデス・ベンツコネクションマネージャーの小口泰史さんの弁。「そこで、より深い体験をしてもらえる施設を開設しようということがきっかけだ」という。

その第1弾はSUVエクスペリエンス(2月11日から5月初旬まで)で、本格的なオフロードコースを体験できるアトラクションが用意されている。「メルセデスベンツのSUVを形だけではなく、オフロードの性能も併せ持っていることを実感してもらうため」と小口さん。また、「クルマはひとつのツール。それを使って人生を豊かにしてもらいたいという思いがあるので、アウトドア教室などのイベントもこの期間中の週末に開催する予定だ」と述べる。そして、「あくまでもクルマを使って、アウトドアの実際の生活を楽しんでもらいたい。そのツールがメルセデスであれば我々にとってこれ以上の喜びはない」という。

メルセデスベンツは安全性に力を入れているのは承知の事実だが、「疲れないことも安全のひとつだ」と小口さん。「人間は疲れるとミスをする。メルセデスベンツは疲れにくいクルマに仕上がっているので、遊びに行くときにも最適だ。運転で疲れてしまって遊べないということがメルセデスベンツであれば最小限にできるからだ」と話す。そこで、「その意味でも(メルセデスベンツで)人生を楽しんでもらえると考えている」とした。

NEXTDOORの今後の展開について小口さんは現在検討中としながらも、「今年は10車種導入が予定されているので、それに合わせたものを考えている。生活を楽しむことを通じて、クルマというものを再認識してもらえることを仕掛けていきたい」とし、「もしかしたらクルマが全くなくこの会場を使うこともあり得る。ただ、そういったことを通じて、メルセデスベンツを知ってもらうことを仕掛けていく」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

    三菱自動車、国内シェアは1%にダウン…軽自動車販売75%減など 6月実績

  2. 【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

    【スバルファンミーティング】BRZ ターボ化の可能性は…「頑張れば2.5Lなら」開発者トークショー

  3. 国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

    国内外の設計開発に触れながら自分を成長させる場がある ― エンジニアに訊くZFの魅力

  4. マツダ藤本常務「アメリカ市場は基本的に厳しいが、踏ん張り時」

  5. マツダ青山執行役員、国内販売大幅減も「正価販売は今後も継続する」

  6. 「フェラーリやってます」輸入車販売のニコル、横浜でモーターショー

  7. パナソニックの第1四半期決算、円高で減収減益も想定通りに推移

  8. ホイールアライメントって何? 調整の必要な理由とは

  9. 日産のグローバル生産台数、過去最高…48万7908台 6月実績

  10. 【リコール】UDトラックス クオン、謎の自動ブレーキ…プログラム不具合だった

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら