メルセデスベンツのNEXTDOOR、「クルマ展示なしもOK?」な情報発信地に

自動車 ビジネス 企業動向

メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
  • メルセデスベンツNEXTDOOR
メルセデス・ベンツ日本は、東京六本木にあるメルセデスベンツコネクション隣接スペースに、メルセデスベンツコネクションNEXTDOORを開設。その第1弾としてSUVをメインに体験できるSUVエクスペリエンスを開催する。

「メルセデスベンツコネクションを開設し、今年で5年。改めてもっと深くメルセデスベンツを知ってもらうためにはどうしたらいいかという議論を社内でしていた」とは、同社カスタマー・エクスペリエンス部メルセデス・ベンツコネクションマネージャーの小口泰史さんの弁。「そこで、より深い体験をしてもらえる施設を開設しようということがきっかけだ」という。

その第1弾はSUVエクスペリエンス(2月11日から5月初旬まで)で、本格的なオフロードコースを体験できるアトラクションが用意されている。「メルセデスベンツのSUVを形だけではなく、オフロードの性能も併せ持っていることを実感してもらうため」と小口さん。また、「クルマはひとつのツール。それを使って人生を豊かにしてもらいたいという思いがあるので、アウトドア教室などのイベントもこの期間中の週末に開催する予定だ」と述べる。そして、「あくまでもクルマを使って、アウトドアの実際の生活を楽しんでもらいたい。そのツールがメルセデスであれば我々にとってこれ以上の喜びはない」という。

メルセデスベンツは安全性に力を入れているのは承知の事実だが、「疲れないことも安全のひとつだ」と小口さん。「人間は疲れるとミスをする。メルセデスベンツは疲れにくいクルマに仕上がっているので、遊びに行くときにも最適だ。運転で疲れてしまって遊べないということがメルセデスベンツであれば最小限にできるからだ」と話す。そこで、「その意味でも(メルセデスベンツで)人生を楽しんでもらえると考えている」とした。

NEXTDOORの今後の展開について小口さんは現在検討中としながらも、「今年は10車種導入が予定されているので、それに合わせたものを考えている。生活を楽しむことを通じて、クルマというものを再認識してもらえることを仕掛けていきたい」とし、「もしかしたらクルマが全くなくこの会場を使うこともあり得る。ただ、そういったことを通じて、メルセデスベンツを知ってもらうことを仕掛けていく」と語った。
《内田俊一》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

    「不便」の声受けて売店施設公募...バスタ新宿

  2. ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

    ボルボ買収の中国吉利、南米衝突テストに失格

  3. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

    小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  4. 米トヨタ、タカタ製エアバッグで追加リコール…約158万台

  5. 【人とくるまのテクノロジー16】シェフラージャパン、電動化によるバルブタイミング制御技術などを紹介

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】東芝、次世代コックピットソリューションなどを出展

  7. ドラ割「北海道ETC夏トクふりーぱす」販売開始…高速3日間乗り放題で7900円

  8. 三菱自、開発部門副社長に日産の山下元副社長

  9. ボルボカーズ傘下のポールスター、新CEOを指名

  10. 【人とくるまのテクノロジー16】いすゞ、燃費性能を高めた大型トラック用エンジンなどを展示

アクセスランキングをもっと見る