ホンダ、アドベンチャースポーツ 400X の外観デザインを一新

モーターサイクル 新型車

ホンダ 400X
  • ホンダ 400X
  • ホンダ 400X
  • ホンダ 400X
  • ホンダ 400X
ホンダは、400ccアドベンチャースポーツ『400X』の外観デザインを一新するとともに各部を熟成し、2月19日に発売する。

400Xは、冒険心を掻き立てる力強いクロスオーバースタイルに、低・中回転域から高回転域までスムーズな出力特性のエンジンを搭載し、市街地走行からツーリングまで幅広い用途で使用できるモデルとして好評を得ている。

2016年モデルでは、クロスオーバーコンセプトのフラッグシップモデル『VFR1200X』のDNAを受け継ぎ、冒険心を高揚させるダイナミックなスタイリングコンセプト「FEEL THE ADVENTURE FORM」を踏襲したデザインに一新した。新設計のLEDヘッドライトと、クリアインナーレンズを新たに取り入れ視認性に優れたLEDテールランプを採用。さらに高さを100mm伸長させた大型ウインドスクリーンを採用し、高速走行時の快適性と存在感あふれるスタイリングを両立させた。

フロント部のデザインはヘッドライトの左右上端部にLEDポジションランプを配置し、精悍な表情を演出。また、車体側面には、力強いクロスオーバースタイルをイメージさせる、タイヤパターンをモチーフとしたストライプを採用した。

フロントサスペンションには、使用状況に応じて調整可能なプリロードアジャスターを装備。さらに、セッティング変更により乗り心地を向上させた。フューエルタンクは、給油時に便利なヒンジタイプのキャップを採用。また、手の大きさや握力に応じて5段階で調整が可能なブレーキレバーを採用するなど、利便性の向上を図っている。

車体色は、マグナレッドとパールサンビームホワイトに加え、ソリッドでクロスオーバースタイルを際立たせるマットバリスティックブラックメタリックの3色を設定。価格は70万9560円から78万1920円。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

    トライアンフ、スラクストン スタンダードモデルを日本導入…161万2000円

  2. ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

    ユピテル、バイク用ナビ BNV-1 発売…2016年版までのツーリングマップルと連動

  3. 【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

    【人とくるまのテクノロジー16】アウトバーンも難なく! ヤマハ MT-10 本邦初公開

  4. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  5. 【ホンダ CB1100EX 試乗】見た目、走りとも飽きずに長く付き合える…青木タカオ

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】OBD対応も視野に、ボッシュの二輪用小型ECU

  7. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  8. 【ドゥカティ スクランブラー SIXTY2 試乗】扱いやすさのなかにスポーティさがしっかり…青木タカオ

  9. トライアンフ、スポーツネイキッド ストリートトリプルRx を30台限定で発売

  10. ホンダ CBR400R、スピード感あふれる外観に刷新…新型LEDヘッドライト採用

アクセスランキングをもっと見る