NECネッツエスアイ、産業用ドローンの導入から訓練・運用までトータルサービスを提供

航空 企業動向

産業用ドローン活用サービス
  • 産業用ドローン活用サービス
NECネッツエスアイは、自律制御システム研究所が開発・製造する量産型マルチロータヘリコプター(ドローン)「ミニサーベイヤー」の特約販売店契約を締結、機体の導入支援から運用支援までを含むトータルサービスを提供する。

産業用ドローンが注目されているが、高所や危険地域など人の行きにくい場所にも簡単にアクセスできる利便性などから、今後ICTとドローンを組み合わせることで、社会インフラの点検、災害対応や物流など様々な分野で急速に普及が進む見込み。顧客からインフラの保守・点検などにドローンを活用できないかとの問い合わせも増えている。

一方で、ドローンは安全面や法規制対応などの課題が浮き彫りになっており、産業用ドローンを様々なサービスに活用するためには、安全・安心に運用していく取組みが重要となっている。

今回サービスを開始する「産業用ドローン(ミニサーベイヤー)活用サービス」は、自律制御システム研究所のミニサーベイヤーの機体販売から操縦などのトレーニング、定期点検、消耗品交換や故障時の修理までをワンストップで提供する。

自律制御システム研究所は、ドローンの頭脳にあたる自律飛行制御ソフトウェア(オートパイロット)を独自開発している。海外メーカーの製品では、オートパイロットがブラックボックス化されているため、ソフトウェアのカスタマイズが不可能だが、ミニサーベイヤーは、用途や顧客ニーズに応じて柔軟に機体をカスタマイズできる。

また、「SLAM」と呼ばれる技術を活用することで、機体に搭載したレーザーによって3D地図を作成し、障害物を正確に認識・回避することが可能なドローンの開発も進めており、近く製品化する予定。これにより、GPSが受信できないエリアでも安定した自律飛行が可能となる。

NECネッツエスアイでは、この「ミニサーベイヤー」に、自社サポート網や修理サービス基盤を組み合わせ、ドローンに関する導入から点検、修理までのアフターサービスまで一貫した操縦トレーニングやフライト代行などのサービスも設定する。

今後はドローンで撮影した映像・画像の遠隔地へのリアルタイム配信や画像計測など。ICTとドローンを組み合わせたサービスメニューの開発も進める。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

航空 アクセスランキング

  1. 羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

    羽田空港跡地、住友不動産チームが開発…2020年6月に開業

  2. ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

    ドローンと風船が融合…パナソニックが「バルーンカム」を開発

  3. 富士重、ファンボローエアショーに最新型ヘリコプターの模型や無人機を展示

    富士重、ファンボローエアショーに最新型ヘリコプターの模型や無人機を展示

  4. ANA、ボンバルディアDHC-8-Q400型機を調達…MRJ の納入遅れで?

  5. ボーイング 737 MAX デビューへ…ファンボロー航空ショーで

  6. 川崎重工、C-2 輸送機の量産初号機を航空自衛隊に納入

  7. ボンバルディア、SWISSに CS100 初号機を納入…営業飛行開始は7月15日

  8. JAL、「九州ふっこう割」を導入…航空券と宿泊を最大3万円割引

  9. JAL、整備場でプロジェクションマッピングを実施…「TED×Haneda2016」を支援

  10. エアバス、エチオピア航空 A350XWB 第1号機を引き渡し

アクセスランキングをもっと見る