【F1】レッドブル、2016年マシンのカラーリングをお披露目

モータースポーツ/エンタメ モータースポーツ

2016年仕様のカラーリングをお披露目したレッドブル
  • 2016年仕様のカラーリングをお披露目したレッドブル
  • 2016年仕様のカラーリングをお披露目したレッドブル
  • 2016年仕様のカラーリングをお披露目したレッドブル
  • 2016年仕様のカラーリングをお披露目したレッドブル
  • 2016年仕様のカラーリングをお披露目したレッドブル
  • 2016年仕様のカラーリングをお披露目したレッドブル
  • 2016年仕様のカラーリングをお披露目したレッドブル
  • 2016年仕様のカラーリングをお披露目したレッドブル
F1世界選手権に参戦するレッドブルは17日、イギリス・ロンドンで2016年マシンに採用される新しいカラーリングとチームウェアを披露した。

昨年までは主要スポンサーだったインフィニティの影響もあり、明るめの紫色を基調としていたが、そのインフィニティが昨年いっぱいで離脱。カラーリングも変更された。レッドブルがF1に参入したネイビー・ブルー、レッド、イエローをメインにした伝統的なカラーリング。両サイドポッドには、こちらも参入当初を彷彿とさせるレッドブルの大きなロゴが復活した。ただロゴデザインが昨年より若干変わっており赤がメインの文字。全体的にも昨年までと比べると、非常にシンプルなデザインになっている。

また新たにプーマとタグホイヤーが加わることになった。プーマはドライバーのレーシングスーツをはじめチームウェアもサポートする。またタグホイヤーは、パワーユニットのバッチネームとして使用される予定で、エンジンカウル後方にロゴが刻まれている。なお中身は今季もルノー製のパワーユニットを使う予定だ。

なお今回登場したマシンは昨年モデルの『RB11』で、今季モデルの『RB12』は来週のバルセロナテストで初お披露目になる見通しだ。
《吉田 知弘》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モータースポーツ/エンタメ アクセスランキング

  1. 【鈴鹿8耐】スタート1時間経過:序盤から接戦になるも、ヤマハファクトリーがトップへ

    【鈴鹿8耐】スタート1時間経過:序盤から接戦になるも、ヤマハファクトリーがトップへ

  2. 【鈴鹿8耐】開始6分、F.C.C. TSR Hondaのドミニク・エガーター転倒

    【鈴鹿8耐】開始6分、F.C.C. TSR Hondaのドミニク・エガーター転倒

  3. 【鈴鹿8耐】夜の鈴鹿をNinja H2Rがデモラン、驚きの加速にスタンドから歓声

    【鈴鹿8耐】夜の鈴鹿をNinja H2Rがデモラン、驚きの加速にスタンドから歓声

  4. 【鈴鹿8耐】スタート2時間経過:ヤマハファクトリーが驚異のスピード、早くも6位以下をラップダウン

  5. 【鈴鹿8耐】決勝スタート、8時間の熱い戦いが始まる

  6. 【鈴鹿8耐】レギュレーションは? ライダー構成は? 勝つための条件は?

  7. 父親のブガッティ ヴェイロン、13歳少年が全開走行…325km/h出す[動画]

  8. 【鈴鹿8耐】地元FMラジオで場内実況を生放送…鈴鹿ICからも受信可能

  9. 【鈴鹿8耐】ポル・エスパルガロがポールポジション獲得…2年連続の2分06秒台

  10. 【鈴鹿8耐】2番手スタートは名門、ヨシムラ スズキ Shell ADVANCE

アクセスランキングをもっと見る

人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら