アストンマーティン ラピード の市販EV、中国企業と共同開発へ

自動車 ビジネス 企業動向

アストンマーティン RapidE
  • アストンマーティン RapidE
  • 市販EVの共同開発で合意したアストンマーティンと中国LeEco社
英国の高級スポーツカーメーカー、アストンマーティンは2月17日、中国のLeEco社と市販EVを共同開発することで合意した、と発表した。

アストンマーティンは2015年10月、EVコンセプトカーの『ラピードE』を英国で初公開。同車は、アストンマーティンの4ドアスポーツカー、『ラピード』をベースに、EVパワートレインを搭載したコンセプトカー。

アストンマーティンは2018年までに、このラピードEを市販化する計画。アストンマーティンにとって、初の市販EVとなる。

このラピードE の市販モデルを共同開発することになったのが、中国のIT企業、LeEco社。同社の旧社名は、「Letv」(楽視)。アストンマーティンは2015年12月、Letvとの間で、研究開発プロジェクトを共同で行うことで合意していた。今回、LeEco社との協力関係をさらに深め、ラピードEの市販化に向けた共同開発を進める。

アストンマーティンのアンディ・パーマーCEOは、「アストンマーティンは優れた環境技術を備えたいくつかの車の開発に注力していく」とコメントしている。
《森脇稔》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 ビジネス アクセスランキング

  1. 【JNCAP2015】表彰式に眞鍋かをりさん「買うクルマの安全性わかるのは良いこと」」

    【JNCAP2015】表彰式に眞鍋かをりさん「買うクルマの安全性わかるのは良いこと」」

  2. ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

    ホンダ、アコードPHV の生産を終了…国内累計登録わずか238台

  3. ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

    ウェザーニューズ、今年の梅雨の天気傾向を発表…九州は例年より大雨の予想

  4. 【節約絶景ドライブ】見どころが多すぎる!? 石川県・能登半島編

  5. 燃費達成率ランキング、データ問題で揺れるスズキの スイフト がトップ…e燃費調べ

  6. 【人とくるまのテクノロジー16】HKS、排気ターボをアシストする電動スーパーチャージャーを初公開

  7. レースクイーンが時間を知らせる「サーキット時計」第3弾はスーパーフォーミュラ

  8. 【リコール】スズキ ソリオ など5万台、エアバッグが開かないおそれ

  9. 小は大を兼ねるか? 軽&コンパクトカーのパッケージング、3つのポイントで検証

  10. スズキ イーコ、最低のゼロ評価…グローバルNCAP

アクセスランキングをもっと見る