歩道に乗り上げたタクシーが歩行者を巻き込む事故、運転者を逮捕

自動車 社会 社会

13日午後10時5分ごろ、東京都新宿区内の区道を走行していたタクシーが路外に逸脱。道路右側の歩道に乗り上げ、ビルの外壁に衝突する事故が起きた。この事故で歩道を歩いていた38歳の女性が巻き込まれて死亡。警察はタクシーを運転していた68歳の男を逮捕している。

警視庁・四谷署によると、現場は新宿区新宿2丁目付近で幅員約5mの一方通行路。タクシーは斜行しながら道路右側の歩道へ乗り上げ、歩道上を歩いていた38歳の女性に衝突。そのままビルの外壁にも突っ込んだ。

女性は近くへ収容されたが、全身強打でまもなく死亡。警察はタクシーを運転していた埼玉県宮代町内に在住する68歳の男を自動車運転死傷行為処罰法違反(過失傷害)の現行犯で逮捕。女性死亡後は容疑を同致死に切り替え、調べを続けている。

現場は飲食店が立ち並ぶ繁華街。警察では脇見運転とハンドル操作の誤りが事故につながったものとみて、事故発生の経緯を詳しく調べている。
《石田真一》

《PR》関連記事

関連ニュース

特集

おすすめの商品