南アフリカ航空、カメルーン線の目的地を一時的に変更へ…ドゥアラからヤウンデに

航空 企業動向

南アフリカ航空は3月1日から21日までの間、カメルーン線の目的地をドゥアラ(沿岸州)からヤウンデ(中央州)に変更する。

ドゥアラ空港の主滑走路修復・改良のため、同社のヨハネスブルグ=ドゥアラ線は来月の一部期間、ヨハネスブルグ=ヤウンデ線となる。便名はそのまま引き継がれる。なお、カメルーン線は隣国ガボンの首都、リーブルビルを経由する。

便数は週4往復(火・水・金・土)。フライトスケジュールは次の通り。SA86便はヨハネスブルグを14時50分に出発し、リーブルビル経由(18時40分着、19時25分発)で、ヤウンデに20時30分に到着。SA87便はヤウンデを21時30分に出発し、リーブルビル経由(22時35分着、23時40分発)で、ヨハネスブルグに翌日5時20分に到着する。
《日下部みずき》

《PR》関連記事

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品