ホンダ、インドのスクーター専用新工場が稼働開始…年間生産能力120万台

モーターサイクル 企業動向

ホンダ アクティバ125
  • ホンダ アクティバ125
  • ホンダ アクティバ3G
ホンダは2月17日、インド現地法人 ホンダモーターサイクル&スクーターインディアがスクーター専用生産工場としてグジャラート州に建設した第4工場の稼働を開始したと発表した。

新工場は、ホンダが110億ルピー(約182億円)を投資して設立した年間120万台のスクーター専用生産工場。各60万台の生産能力をもつ第1、第2ラインからなり、第1ラインは今月より稼働を開始、第2ラインは2016年半ばに稼働を開始する予定だ。これにより、ホンダのインドにおける二輪車年間総生産能力は580万台へと拡大する。

インドは、ホンダ二輪車の全世界販売のうち25%を占める重要市場。今後、インド政府の主導で道路整備が進み、スクーター市場のさらなる拡大が予測されている。ホンダは新工場の稼働開始で生産能力を増強。需要拡大に対応していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

モーターサイクル アクセスランキング

  1. バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

    バイク王、初心者・リターンライダー向けライディングスクールを開催

  2. 【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

    【人とくるまのテクノロジー16】ヤマハ、日本未発表の欧州向け最高峰モデル MT-10 を展示…跨りOK

  3. 軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

    軽二輪中古車販売、3.7%減の1万9076台で4か月連続マイナス…4月

  4. ヤマハ発動機、三輪コミューター第2弾 トリシティ155 を発売

  5. ゴールデンボンバー、ホンダの原付イメージキャラ続投

  6. 二輪車向け世界初「サイドビューアシスト」、初めての搭載はマキシ・スクーターから...ボッシュ

  7. ハーレー スポーツスターファミリーの新モデル「ロードスター」発売

  8. KTM、ストリートユーザー向けファンイベントを筑波で開催…7月17日

  9. ヤマハ、125ccスクーター NMAX 発売…BLUE COREエンジンを国内初投入

  10. 二輪車初のETC2.0車載器、7月発売...日本無線

アクセスランキングをもっと見る