三菱電機、車載機器などに搭載できる「コンパクトな人工知能」を開発 | レスポンス(Response.jp)

三菱電機、車載機器などに搭載できる「コンパクトな人工知能」を開発

自動車 テクノロジー 安全

コンパクトな人工知能のイメージ
  • コンパクトな人工知能のイメージ
三菱電機は2月17日、人工知能を容易に車載機器、産業用ロボットや工作機械などへの組み込み機器に搭載できる「コンパクトな人工知能」を開発したと発表した。

開発品は、既知の事柄を元に未知を予想する「推論」に用いるネットワーク構造と計算方法を効率化し、新たなアルゴリズムを開発。推論精度を保ったまま推論処理の演算量・使用メモリー量を90%削減し、コンパクト化を達成している。

これにより、従来大規模サーバーが必要だった高度な推論が、高いセキュリティー環境下で高速処理を行う人工知能システムで低価格に実現できる。

三菱電機では今後、2017年度以降に、車載機器、産業用ロボットや工作機械などで順次製品化を予定している。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品