訪日外客数が52.0%増の185.2万人で単月過去2番目の水準…1月

自動車 社会 行政

成田空港 第2旅客ターミナル(参考画像)
  • 成田空港 第2旅客ターミナル(参考画像)
  • クルーズ客船「飛鳥 II」
日本政府観光局が発表した1月の訪日外客数は、前年同月比52.0%増の185万2000人となり、1月として過去最高、単月としても昨年7月の191万8000人に次ぐ過去2番目の水準となった。

アジア地域での学校休暇による訪日旅行者数の増加、欧米豪地域における航空路線の拡大、燃油サーチャージの値下がりを受けて訪日需要が拡大している。

市場別では、中国が学校休暇期間の前倒しやクルーズ需要増加で、同2.1倍の47万5000人と1月として過去最高となった。韓国は初めて単月で50万人を超える51万5000人を記録し、豪州とともにそれぞれ単月として過去最高を更新した。このほか、ロシアを除く16市場が1月として過去最高を記録した。

一方、出国日本人数は同3.3%増の127万6000人だった。
《レスポンス編集部》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 社会 アクセスランキング

  1. 南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

    南阿蘇村・国道57号復旧、新たに長大トンネル掘削---計画概要

  2. 『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

    『ETC 2.0』普及へ前進、経路別の料金優遇などサービス具体化へ

  3. 全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

    全長約8kmのトンネル内で車両火災、煙が内部に充満して通行止めに

  4. 国交省、事故削減に向け先進技術を活用へ…オートライトや対歩行者自動ブレーキ

  5. ミラーレス車を解禁へ、国交省が基準を整備

  6. 多重衝突を起こしたトラック運転手に過重勤務を命じた会社を捜索

  7. 特別仕様のナンバープレート始まる、東京オリンピック・パラリンピックとラグビーワールドカップで

  8. パイロット、550kmの深夜ドライブ直後に乗務

  9. 九州の高速道路、無料化を検討...国交省

  10. 自公バイク議連の国交相要望で、どうなるETC助成

アクセスランキングをもっと見る