人気ニュースランキングや特集をお届け…メルマガ会員はこちら

前方車両からの落下物への衝突を自動回避、三菱電機が開発

自動車 テクノロジー 安全

三菱電機は2月17日、突然の落下物を曲がることで緊急回避する先進運転支援システム技術を開発したと発表した。

新技術では、車がカメラやミリ波レーダーなどにより自車周囲の物体を検出し、今後の移動を予測。ブレーキだけでは衝突してしまうと判断した場合は、「曲がる」ことで衝突を回避するように車両を制御するという。ただし、時速60km以下で走行時に、物体との距離が30メートル以上の場合が作動条件となる。

また通常走行時は、衝突の恐れがないと判断した時は車線内を定速で走行するよう車両を制御。前方車両を追い越す場合は、自車の後側方から他車が接近している時はその車を見送り、安全が確保された後に追い越しを開始するよう車両を制御する。

三菱電機では今後、開発したアルゴリズムを実車に搭載し、周辺監視などの技術と併せて自動運転レベル3(加速・操舵・制動を全てシステムが行い、システムが要請したときはドライバーが対応する状態)を具現化していく。
《纐纈敏也@DAYS》

編集部おすすめのニュース

特集

おすすめの商品

自動車 テクノロジー アクセスランキング

  1. ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

    ものすごい可能性を感じさせる新発想ガジェット「KKP(くるくるピッ)」

  2. SBドライブと白馬村、自動運転を活用したスマートモビリティで連携

    SBドライブと白馬村、自動運転を活用したスマートモビリティで連携

  3. 無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

    無料ナビアプリ三つ巴対決、一番使いやすいのはどのアプリだ

  4. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.2「サウンドチューニング能力のポテンシャル」に迫る!

  5. 自動車の日常点検を体験…「ママ」と「猫所長」が来場 8月30日

  6. 「カロッツェリア・サイバーナビは音が良い」というウワサの真偽を徹底検証! Part.1「高音質設計に込められた思いと、技術」に迫る!

  7. ホンダアクセス、純正ナビをモデルチェンジ…車両本体との連携機能強化

  8. 上級機のサウンドチューニング能力検証…ロックフォード・フォズゲート 3SIXTY.3 の調整能力

  9. 富士通、スマホを使った道路パトロール支援サービスで岐阜県を支援

  10. 【ジャパントラックショー16】ミシュラン、IoTによるタイヤモニタリングシステムを公開へ

アクセスランキングをもっと見る